>  >  > 30分待って大人になろう
俺の、最後の獄中絵日記 第132回

30分待って大人になろう

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらった後藤武二郎は現在、北海道は月形刑務所で服役中。こんなことは今度で最後!と心に決めた武二郎は、今のみじめな境遇をいつまでも忘れないために、日々の暮らしを支給された唯一のペン=ボールペン1本で描くことにしたのだった。


enikki_tobira.jpg


なんでいつもそんなにケンカ腰なんだよ


2013年(平成25年)5月16日

チクショウ! 今日、また怒られたよ。

朝イチ、荷物を運ぼうとして許可をとろうとしたら、ちょうど偉いのが回ってきてオヤジと立ち話してたので、「お願いします!」とオヤジに向かって手を上げてもシカト。

少し待とうかと思って材料抱えたまま立っていると、2人で俺の前を通り過ぎた。

その時、偉いほうは俺にジェスチャーで「悪いな」と。

一方、オヤジは俺の目だけジーッと見て通り過ぎていった。

許可が出たのかと思い、荷物を運んで戻ってきたら、オヤジから呼びつけられた。

「幹部が来ている時は、許可をとらないことを徹底してるはずなんだがな。
お前、分かってないみたいだから言っとくけど、幹部が来てる時は動くな!」だって。

そんなにケンカ腰に言わなくてもいいのによ。

徹底してるって? そんな話、聞いたことねえと思いながらも、「わかりました」と言ったよ。

そしたらそのあとに
「さっきは俺が許可してないのに、なんでそのまま荷物を運びにいった?
どういうことだ」

そんなの、俺が「わかりました」と頭を下げて、終わった話だろ?

頭に血が上ったよ。

オヤジが戻っていったあとも納得がいかず、懲罰くらってもいいから一言言ってやろうかとずっと考える。

その時、5月1日に、この日記に書いたことを思い出した。

30分だよ。

30分我慢すれば、30分前の怒りは笑い話に変わる。

今までこの30分が待てずにキレて、あとから後悔ばかりしていた。

この30分の我慢を脳に刻み込んでおけば、俺はきっと大人になれる。

今までの自分ならきっと今頃ビックリ箱※1で後悔してると思うが、30分待てたおかげで今日はそのことを雑居の皆と笑って話せた。

この違いは大きいよね。


20150609sss.jpg


※1びっくり箱......電話ボックス程度の広さの、外が一切見えないように仕切られた待機場所の俗称。