>  > 山口祐二郎の『今年、安倍晋三がメーデーに出席しなかった真相』
憂国我道会・山口祐二郎のひとりごと

山口祐二郎の『今年、安倍晋三がメーデーに出席しなかった真相』

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 平成27年4月29日。今年も代々木公園でメーデーが開催された。
 メーデーとは労働者が団結して権利を要求する日で労働者の祭典と呼ばれている。日本労働組合総連合会(略して連合)が主催をする大規模な集会である。

0501yamaguchi01.jpg

第86回メーデー中央大会でがんばろう三唱をする参加者ら。手前右は連合の古賀伸明会長。(写真は産経ニュースより)

安倍晋三とメーデーは正反対

 この集まりに何と昨年は、内閣総理大臣の安倍晋三が出席していた。安倍晋三といえばメーデーとは真逆の存在である。アベクノミクスで格差を拡大し、消費税増税し、残業代をゼロにしようなんて政策もした。どう考えても、メーデーには呼ばれるべきではない人間なのだが、安倍晋三は出席していたのだ。

安倍晋三がメーデーに出なかったのは俺のせいだ

 しかし今年、訪米中であったが安倍晋三はメーデーに出席しなかった。それはなぜか。はっきり言おう。俺が会長をしている憂国我道会のせいであると聞いている。
 昨年、俺と憂国我道会のメンバーは変装をして、メーデーが開催される代々木公園の会場に行った。
 そして、来賓として挨拶をする安倍晋三に、俺らは抗議のコールをした。
「残業代ゼロ絶対反対!」
「集団的自衛権行使に反対!」
「ファシスト安倍に反対!」
「安倍政権に反対!」
 このことは毎日新聞、朝日新聞、東京新聞などで安倍晋三にヤジが飛んだと大々的にニュースとなって報道されたのだ。今年もそれを恐れていたらしい。

0501yamaguchi02.jpg

昨年のメーデーの様子。動画はlabornetTVよりhttps://youtu.be/OUprSlqjjpE

労組は立ち上がれ!

 しかし、去年は憂国我道会が安倍晋三に抗議のコールをしても、メーデーに参加している労組で続く者はいなかった。それが残念でならなかった。労組は何をやっているんだと思った。そして今年、安倍晋三がメーデー出席を拒んだ理由は、憂国我道会を恐れていたのもあるが、何より労組の暴動を視野に入れてのことだと聞いている。
 ようは、メーデー参加者は労働組合の組合員がメインだ。憂国我道会の安倍晋三に抗議をするコールが、労組を触発しメーデー参加者全員での大合唱になったりしたら、とてんでもないニュースになる。そのことを危惧したようだ。
 労組はこれから、安倍晋三に抗議しまくるべし。

あらゆる情報ラインからの調査

 安倍晋三がメーデーに出席しなかったのは俺のせいだなんて、嘘かと思うかもしれないが、妄想ではない。なぜ、ここまで俺が言うかといえばあらゆる人間たちから、直接は勿論、先輩、友人、知人を通じてなどメーデーに行くかを聞かれたからである。
 では、俺のメーデー出欠確認者を言える範囲で書こう。

・三菱UFJリサーチ&コンサルティング S氏
・公安調査庁 W氏
・某公安調査局 M氏 
・時事通信 N氏
・中日新聞 T氏
・警察庁公安部 T氏

ざっとこんな感じである。

最後に

 訪米をした安倍晋三は、国会で審議していない日米安保関連法制を夏までに成立させると約束。完全に、アメリカ従属の民主主義を無視した総理大臣であると思う。俺はこれからも安倍晋三に抗議を続けるだろう。


(文=山口祐二郎)


山口祐二郎 プロフィール
1985年、群馬県生まれ。歌舞伎町ホストなどを経て、新右翼「統一戦線義勇軍」幹部に。2007年に防衛省襲撃事件を起こし、2012年に脱退。現在は作家・活動家として活躍。 著書に『ハイリスク・ノーリターン』(第三書館)などがある。
山口祐二郎の公式ブログ「火炎人間」http://yamaguchiyujiro4.seesaa.net/