>  > 一番風呂
俺の、最後の獄中絵日記 第98回

一番風呂

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一番風呂


前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらった後藤武二郎は、北海道の月形刑務所で服役中。関東で生まれ育った武二郎にとって、真冬の北海道は目新しいものばかりだった!


enikki_098.jpg


2013年(平成25年)4月11日


今日は朝8時ちょい前に作業が始まると9時半に作業やめで、工場内運動。

およそ40分間のボクシング教室に汗を流すと、10時10分からまた仕事。

そして11時30分に作業やめで昼食だ。

昼休みを含めて12時25分まで休んで作業再開────なのだが、本日は1時45分で一日の作業は終了。

全く仕事をしないのねって思われるかもしれないが、本日は総入浴一番の日だからだよ。

風呂には3種類あって、総入浴と通常入浴、そして汚染入浴っていうのがある。

本日の総入浴っていうのは、全ての工場が入浴日とされている日の事をいう。

風呂場も南の1階2階北の1階2階とそれぞれ2ヶ所ずつあるが、この全てを使っても全部の工場が入りきるためには、1ヶ所で7回転させる必要があるらしい。

今日はその一番だから、最も早く仕事を切り上げて入浴しに行くパターン。

一番良いスケジュール割り当ての日だったわけだ。


   


ちなみに本日給料日。

3月分の給料は8等工(1回目)1622円ナリ