>  > 鍵のかけ忘れ厳禁! レイプ犯は「無施錠」の女を狙っている!
今井亮一の「仕事は裁判傍聴です」

鍵のかけ忘れ厳禁! レイプ犯は「無施錠」の女を狙っている!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵のかけ忘れにマジで注意して!

 強姦魔や下着ドロなどの「色情犯」が、窓ガラスを割って鍵を開けたりすることは、めったにない。

 色情犯は、無施錠のドアや窓を狙うのである。

 若い女性の1人暮らしが多そうな、洒落たアパート・マンションへ行き、玄関のドアノブを片っ端から回して歩く、そんな色情犯が多い。

 女性たちはなぜ施錠しないのか。

「ついうっかり忘れた」
「実家が田舎で、施錠しないのが当たり前だった」
「今夜は彼氏がくるから」
「夫が夜勤を終えて明け方に帰宅するから」
などいろんなケースがあるようだ。

 ドアノブは、ガチャガチャ押し引きしなくても、そっと回せば、施錠されてるかどうかすぐわかる。

 なかには、デッドボルト(錠の閂部分)が外から見えるドアもある。

 深夜に住宅街を歩き、侵入先を物色する色情犯もいる。

 通行人から見えるところに女性下着が干され、暑いからと窓が少し開いてる部屋、そういうのは色情犯からすれば「無防備な女の住居を発見っ!」となるのだ。

 あと、駅前で見かけた自分好みの女性を尾行し、女性が自宅のドアを開けて入ろうとする瞬間を狙って襲いかかるケースもある。

 そんな手口の色情犯にとって、深夜に露出の多い服装で、耳にイヤホンを突っ込み、スマホに目を落として歩く女性は、無防備さをアピールする存在に見えるかも。

 女性諸氏はマジでご注意を。

 娘さんに独り暮らしをさせてる親御さんも、ただ「気をつけるんだよ」と言うだけじゃなく、色情犯の具体的手口を教えてあげてほしい。

家.jpg

この春から一人暮らしをはじめる方は要注意!(写真はイメージです)

※1【未決算入】......判決まで被告人が拘置所または警察留置場に勾留されている場合、その未決勾留日数を刑に算入すること。算入された日数を引いた期間が、実際の刑期ってことになる。東京地裁の場合、逮捕から判決まで通常2カ月くらい。だからといってその期間をぜんぶ算入することはない。2カ月近くは勾留されて当然と裁判所は考えるようだ。未決算入は数百日になることもあるが、マスコミは徹底して報じない。説明がめんどうだし、「そんなに長く勾留されてたのか?」などとややこしい話にもなるからだろうか。

※2【執行猶予】......刑の執行を猶予すること。猶予期間が無事にすぎれば、判決は効力を失い、その刑を執行されることはなくなる。猶予期間中に別の事件で実刑判決を受けたりすると猶予は取り消され、本件だと懲役2年(マイナス20日)を服役することになる。当然、別の事件の実刑判決の分も服役しなければならない。たいへんだ。

※3【強盗強姦】......強盗が女子を強姦したときは、無期又は七年以上の懲役に処する。よって女子を死亡させたときは、死刑又は無期懲役に処する。(刑法第241条)


(取材/文=今井亮一)


今井亮一 プロフィール
いまいりょういち●交通ジャーナリスト/マンガ原作者/作家。著書は『交通違反ウォーズ!』(小学館)、『なんでこれが交通違反なの!? 警察は教えない126の基礎知識』(草思社)、『裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録』(角川書店)など多数。
ブログ「今井亮一の交通違反バカ一代」http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/
メールマガジン「裁判傍聴バカ一代」http://www.mag2.com/m/0001035825.html