>  >  > 北海道の怪物・大泉洋の初主演作品
蛸山めがねの「わるいひとstyle」 第9回 『探偵はBARにいる』編

北海道の怪物・大泉洋の初主演作品

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、絶賛放映中のNHK連続テレビ小説「まれ」ではヒロイン希(まれ)の父親役を熱演、いまや全国区の人気俳優となった大泉洋さん。今回はその映画初主演作品『探偵はBARにいる』を大フューチャーします!(R-ZONE編集部)


俳優、大泉洋を堪能できる一本

蛸山探偵01.jpg

『探偵はBARにいる』は、北海道ススキノを舞台とした私立探偵さん(名前は語られない)大泉洋と、探偵の相棒兼運転手の松田龍平(北大農学部助手で空手の師範という設定)を中心に繰り広げられるミステリー! アクション! お色気!という盛りだくさんな映画です(2011年9月公開)。

 舞台が北海道というだけあって、高田はファッションより防寒優先の"スノトレ"、悪役もブーツや長靴を履いています。

 また首元のタートルネック率が高いのも印象的でした。

 アクションも北海道の地の利を活かしており

蛸山探偵.jpg

 花岡組のカトウ(高嶋政伸)らに雪原に生き埋めにされる探偵さんや、佐山(波岡一喜)や花岡組のみなさんから逃げるべくスノーモービルで疾走する探偵さんと高田など、雪を使ったアクション満載なのです。

 個人的に「おおっ!」と思ったのが

蛸山探偵03.jpg

 ススキノの看板持ち源さん(マギー)が、ボロボロの探偵さんを元気づける?べく大麻らしきもんを吸わせているシーンがあったことでした。

 コーンスープ工場の裏手あたりで摘んできたのかな?


   

蛸山めがね マンガ家、イラストレーター 白夜書房『懸賞なび』に「懸賞ほう・れん・そう」と「懸賞あるある」連載中。
https://note.mu/octopoda8