>  > わかっていても不安になる
俺の、最後の獄中絵日記 第11回

わかっていても不安になる

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈前回までのあらすじ〉
一日も早い釈放の日を望む武二郎のもとに、ついに念願の刑務所収監の日がやってくる。
自分で選んだ道ではあるが、これから先の辛い、長いムショ暮らしを考えると、いささかアンニュイにもなる武二郎だった。


わかっていても不安になる


0118goto02.jpg

2012年(平成24年)10月☓日

判決の出た日に即刻提出した上訴権放棄の書類が届いたよ。

これで俺は書類上「一刻も早く刑に服したいと言っている、聞き分けの良い受刑者」となったわけだ。

「刑務所に行っても懲罰を喰わずに(懲役生活を)やりとげたら、この書類が必ず生きる時が来るはずだ」というオヤジの言葉を信じて、頑張ろうとは思うけど、

よく考えたら、懲罰と無縁の懲役なんて今までできた事がない。

本当に大丈夫なのかネ、俺......。

これが本当に役に立ってくれる日は来るのでしょうか......。