>  > 韓国・済州島は、こうやって中国人にのっとられた! 

韓国・済州島は、こうやって中国人にのっとられた!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のハワイと言われる"済州島"

済州島.jpg

東アジア有数のリゾート地として知られる済州島。のどかな光景が広がり観光が盛んである

 済州島と言えば、韓国初の世界自然遺産としてユネスコに登録された溶岩洞窟群や温暖気候が作り上げた自然と景観の美しさから「韓国のハワイ」と呼ばれ、韓国の新婚旅行先ナンバー1なのはもとよりアジア屈指の人気リゾート地として有名である。

 そんな済州島で今、なんと、国も動かす程の熾烈な経済戦争が繰り広げられている!

5000万円で韓国の永住権がもらえる「不動産投資移民制」

 済州島を領内にもつ大韓民国政府が2013年頃から本格始動させた「不動産投資移民制」。これは外国人に対して一定の要件を満たす不動産投資を行えば、その外国人に大韓民国での永住権を許可するというもの。 

 その地域は、済州島をはじめ、仁川や釜山等でも行われており、一定要件については地域によってややバラつきはあるが、済州島については「5億ウォン(5千万円前後)ぶんの不動産を取得し5年以上その土地を所有した者については大韓民国の永住権を許可する」という内容。早い話が5000万円以上の土地建物を買って5年持っていたら韓国に正当に永住してもいいよ、というもの。

 これにとびついたのが中華人民共和国の商売人たちだった。彼らには、不動産がどうのこうのよりもとにかく5000万円で韓国の永住権、つまり、韓国のパスポートが手に入るというところに注目したのである。