>  > 義賊か、それとも悪党か。 "しばき隊"とは何だったのか? シリーズ"しばき隊の真実" 第八回 (上)
第八回 ネトウヨとしばき隊は同類だ! 荒井禎雄氏インタビュー (上)

義賊か、それとも悪党か。 "しばき隊"とは何だったのか? シリーズ"しばき隊の真実" 第八回 (上)

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第八回 ネトウヨとしばき隊は同類だ! 荒井禎雄氏インタビュー (上)

 2013年2月から新大久保コリアンタウンに颯爽と登場した『しばき隊』。人種差別団体『在日特権を許さない市民

の会(在特会)』に立ち向かい、暴力さえも厭わずに身体を張って抗議をすることでヘイトスピーチ(差別扇動表

現)を社会問題化させた。そして「ヘイトスピーチ解消法」という法律の施行まで成し遂げた、しばき隊。
 しかし、しばき隊が現れる以前から、在特会などの差別主義者たちに対峙をする者たちは少人数だったが紛れも

なく存在した。何事も、誰よりも早く新しい領域を切り開くに至るのは並み外れた勇気が必要だ。後ノリは本当に

楽である。
 今回は、しばき隊発生より遥か前からネトウヨ(ネット右翼)の象徴的人物と言われる『日本第一党』最高顧問の

瀬戸弘幸氏と激しい闘いを繰り広げ、その後はしばき隊の野間易通氏と激しい論争を展開してきた孤高の男、荒井

禎雄氏(1975年生まれ フリーライターとして、表現問題や地域批評、グルメ記事まで幅広く執筆。また、様々な

WEBサイトの立ち上げや運営に参加)にインタビューをお願いした。そうして私、山口祐二郎は、東京都板橋区の

大山に呼び出されたのであった......。

※注......しばき隊とは、在特会などの人種差別団体に対し、カウンターと呼ばれる抗議行動をする『レイシスト

をしばき隊(2013年9月解散)』、『男組』、『C.R.A.C.(クラック)』、『OoA(オーオーエイ)』、『憂国我道会

』などのいくつかのグループ、そしてどこの集団にも属さないでいる人々の総称である。

──(山口)荒井さん、本日はご多忙のところ、誠に恐縮です。インタビューを受けて頂き、ありがとうございま

す。

荒井 板橋に来たってことはわかってるよね?

──はい、今日は東村山問題から遡ってお話を......

荒井 はい、ここが今日の一軒目『マナカマナ』というネパール料理のお店です。ランチタイムは900円程度で食べ

放題ビュッフェをやっています。

──良いですね。私は気合入ったカレー大好きです。

荒井 何飲む?

──やはり、カレーというとラッシーですかね?

荒井 すいません、生ビール2つください。

──......それではインタビューをよろしくお願い致します。荒井さんといえば、1995年9月に東村山市議会議員がビ

ルから転落死した事件について、当時『維新政党・新風』副代表、現在は日本第一党で最高顧問の役職に就く瀬戸

弘幸氏とバトルされていたのが有名だと思います。2008年頃からでしょうか。そのことを教えて頂ければ幸いです

荒井 まず料理取ってこようよ。60分の時間制限あるし。

──かしこまりました。

荒井 とりあえず、腹を満たそう。キーマカレー、チキンカレー、ダルカレー、ベジタブルカレー、どれも美味し

いよ。

──いただきます。うっ! このカレーは本当にクオリティが高い! バイキング形式でこのレベルのは珍しいで

すね!

荒井 じゃあ本題に入ろうか。オレはそもそもAV業界の出身なんだけど、同時期にインターネットで仕事もしてた

の。探偵ファイルっていう当時の有名サイトのプロデューサーをやったり。

AVとネットっていう二足の草鞋は意外と親和性が高くて、当時のAV業界はグレーな輩が多くて、ネットも同じよう

なものだったのね。サブカルヤクザみたいな連中もいれば、広告屋やってる関東連合もいますみたいな。そういう

今とは少し景色の違う特殊な業界だったから、それに詳しかった事から故・梨元勝さんが面白がって色々と世話を

焼いてくれたりして、気付いたらライターもやるようになってたの。ただ、扱う情報がいわゆるアングラ・キワモ

ノ系ばかりだったから、付き合う人間は自然と元総会屋の爺様だとか、その知人の右翼団体だとかになって行った

。何かあった時のケツモチも兼ねてね。

そんなある時、出版社で働いていた知人が東村山市議選に出て一発当選したんだ。

──いきなり当選とは凄いですね。大きな組織票やバックアップなどあったのですか?

荒井 無かったはずだよ。ただ、当選した知人の勤めてた出版社っていうのが、男なら聞いた事があるであろうマ

ンゾクを出している会社で、彼はサラリーマンとして風俗ライターのような仕事をしてたの。そしたら、当選後に

それをネタにしたバッシングが巻き起こった。それも扇動してたのが同じ東村山の市議会議員で、市民の家にアジ

ビラ(アジテーション・ビラの略称で、政治的扇動を目的とした文言が書かれてあるビラ)まで投函された。「汚

らわしい風俗ライターに市議の資格ナシ!」って。

──酷い話ですね。職業差別じゃないですか。

荒井 そう、完全な職業差別だよ。それも批判してきたのはいわゆる左翼系議員たちで、プロフィールには自由人

権協会員、市川房枝記念会員、アムネスティ会員と、御大層な名前が並んでいるの。公約に人権、福祉に取り組む

云々なんて掲げていて。その内の1人の女性市議は、遂にはセクハラだとまで言い出した。その理由が、「ネットで

あいつの名前を検索したら風俗記事が出てきた!私は見たくもないエロ記事を見せられた!」っていうんだから恐

ろしいよ。

──自分で調べておいて、意味不明ですね。

荒井 ゾーニングがどうとか言いながら、自ら年齢認証ページなんかを突破して、それで「セクハラだ!」って意

味がわからない。今の表現規制の問題でも、フェミを名乗る人間には変なのが多いでしょう。この東村山事件は、

現在のそうした色々な問題にも繋がると思う。

そういう状況で、AV業界や風俗業界の人達からオレに「手助けしてやって欲しい」と話が回って来たから引き受け

たの。その人はオレが監督したAV作品の撮影現場に取材に来てくれたりもしたし。で、そこで一緒に闘ったのが松

沢呉一さん(後に初期しばき隊の中心的人物と称されたライター。本人はしばき隊ではないと否定)だった。

──そこからどうして、瀬戸氏が出てきたのでしょうか?

荒井 それについては少し話が長くなる。おかわり取ってくる。

──承知しました。

荒井 ただいま。瀬戸の話題は飯が不味くなるけど話を元に戻すね。さっきの新人議員となった知人は、敵対議員

を支持する市民が請願者となって「辞職を求める請願」まで出されたんだけど、それに対して我々は可能な限り東

村山を訪れて、おいしい武蔵野うどんを食べ、秋津で食べ歩きをし、旅行気分を楽しみながら、空いた時間で仕方

なく協力してくれる市民達から聞き取り調査をしてみたり、あれこれ駆けずり回ってたの。今はもう無いけど、東

村山駅から徒歩10分くらいの住宅街の中に、今でも夢に見るうどん屋さんがあってねえ......。

──いや、その議員さんはどうなりました?

そうそう、最終的には東村山市議会がマトモな判断をしてくれて、市として「前職がなんであれ、それを隠す事な

く選挙に出て当選したのだから、何ら問題ナシ」という結論を出してくれた。それでひとまず一件落着となるはず

だったのに、その直後に当時維新政党新風の副代表だった瀬戸や、今ほど知名度のなかった桜井誠らネットウヨク

団体が勢揃いして、東村山問題に介入して来たの。よりによって、我々が敵対してた自称人権派市議らの援軍とし

てね。ただ、連中は風俗問題ではなく『反創価学会』を掲げての参戦だった。

これ以上は悲しい事柄に触れざるを得ないから、次の店でしようか。

──はい

あと、瀬戸らが参戦する前の東村山問題については、登場する奇人変人があまりに面白いから、「東村山問題」と

か「最後のパレード 盗作」とかで検索すると、いい暇潰しになるよ。

──はい

ちなみに、この店のバイキングは品揃えが豊富で、チャイもデザートのヨーグルトも食べ放題だよ。

──は、はい

[マナカマナ]
住所:東京都板橋区大山東町59-20 2F
10年以上営業しているネパール料理の専門店。インドと言わないと通じないという理由で、ネパールの名称を隠し

て店を開くのが当たり前だった時代に、堂々とネパール料理を謳って大成功した人気店。ランチビュッフェが価格

破壊的なお得さだが、料理のクオリティはディナータイムの方が遥かに上なので、夜に行くのも超オススメ。成人

男性でも2,000円分食べるのは難しいほどの板橋価格の名店だ。

※中に続く

山口祐二郎
1985年、群馬県生まれ。「全日本憂国者連合会議」議長、「憂国我道会」会長。作家・活動家として活躍。
山口祐二郎公式ツイッター  https://twitter.com/yamaguchiyujiro