>  > 新装改訂版『尼崎の一番星たち』外伝!絶讃発売中!ー尼崎の街角ー
尼のジゴロ

新装改訂版『尼崎の一番星たち』外伝!絶讃発売中!ー尼崎の街角ー

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尼のジゴロ

さかのぼること今から十数年前。8年の刑務所暮らしを終え、次の4年のムショ暮らしまでシャバで半年間のインターバル?に勤しんでいた時代の話である。


 この時の私はまだ、文政と出会ってはいない。
 文政やステゴロキングバッテツ、そして車上荒らしのスペシャリストまっちゃんなどの名前は耳が痛くなるくらい聞きはしていたが、誰とも直接、顔はついていなかった。


 その時代は、携帯電話の"飛ばし"が世間で普及していた。そんな私の飛ばしの携帯電話に、女の子をすっぽんぽんにさせることのみでメシを食い、会費を納めていた当時の部下から着信が入った。


「兄貴......ちょっと相談があるんですけど......」


 女の子を自由自在にすっぽんぽんさせていた悪いヤツだけあって、コイツは金だけには困っていなかった。
 名をオカマとでもしておくか。
 羽振りの良いオカマにしては、いつになく弱気な声色である。
 さては、どこぞの偉いさんの姐をスケコマシてしまい、せっぱでも詰まらせてしまったか。死んでしまえ!と思いながら尋ねた。
「どないしてん?」
「ちょっと、女の事で困った事なりましてね......」


 ホレきた!である。 どこぞの親分の女に手を出したのか? ホレホレホレ名を申せ。私はワクワクしながら、先へと話すよううながした。
 かりにも部下は、この時、私の舎弟であった。我ながら、悪いヤツである。


「女を風俗沈めなあかんのですけど、兄貴の口利きでどっかありませんかね。もちろん、礼はさせてもらいます」


 期待したシチュエーションとはまったく違った。
 だが、それにしてもなぜ困る。そもそもオカマは、それでメシを食っとるのではないか。


「そんなもんお前の専売特許やんけ。自分とこで物事したらええんとちゃうんか」
 私は、ありのまま言葉にした。
「それがちょっと事情がありまして、ウチではちょっと......」
 瞬時に悟った。
「ブスやろ」
 間髪いれず私は言った。
 上玉であれば、私に言ってくるようなヤツでは間違ってもない。
 自分だけ得すればすべてヨシ!という性格の持ち主である。
 ぶちゃいくに決まっている。


「へっ!? ブ、ブスゆうほど、ブスやないと自分は思うんですけど......」
 どうもぶちゃいくだけではないらしい。
「何歳や?」
「自分で言うには、29てゆうてます!」


 私は何も答えず、電話を切った。本当に29歳ならば、『自分で言うには』なんて言い方はしない。


 その日から数日後、オカマがとある女性と風俗街を彷徨っているのを私は目の当たりにしている。
 その女性は、どっからどうみてもオカマのお母さんくらいの年齢にしか見えなかった。
(何が29歳だ!)心の中で毒吐きながら、私は、2人に発見されないように、そっと電信柱の物陰に身を潜めたのだった。


●沖田臥竜(おきた・がりょう) 元山口組二次団体最高幹部。所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)。最新刊は『尼崎の一番星たち』(同)