>  > 新装改訂版『尼崎の一番星たち』絶讃発売中!
抗う者たちへ~生粋の愚連隊、メンチとの別れ~

新装改訂版『尼崎の一番星たち』絶讃発売中!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗う者たちへ~生粋の愚連隊、メンチとの別れ~



その夏の激しさは、シンとゼロやんを連れていっただけでは終わらなかった。
そのときは、決して気づくことができなかったけれど、狂ったような流れはオレなんかがどう抗おうと、決して止めることはできなかった。
メンチはホワイトブッチャーとともに、私の秘密兵器であった。常に修羅に身を置いている文政でさえ、
「兄弟はええやないか。ブッチャーとメンチがいとるのやから」
と事あるごとに口にしていたほどであった。荒事には二人ともめっぽう強い。逆に言えば、荒事以外はからっきしなのだが......。
豆タンクのようなガッチリとしたホワイトブッチャーに対し、メンチは身長180センチ。体重90キロ。ひとたびスイッチが入れば、驚くほどのスピードを見せる。ブッチャーとは、幼稚園の頃からタッグを組んで暴れ回っていた。
一切、どこにも属さず愚連隊の生き方を貫いていた気ままな二人が私の配下となったのは、私が所属していた組織に二人でケンカを売りにきたのがきっかけであった。ウチの人間とケンカになり、わざわざ事務所まで乗り込んできたのだ。
ブッチャーとメンチは、20人以上の男たちに囲まれても一歩も引こうとしなかった。私は、その光景を最後尾で眺めていた。
その日、二人は三度も事務所へとやってきた。三回目にやってきたときには、歩くのもやっとだったはずだ。
「お前ら、ごっつい根性あるな」
思わず私は、声をかけていた。それが私と二人の出会いの言葉になった。
歳は私よりちょうど10歳上になる。
「お前らの根性はもう分かったから、次はケンカしに来んと、遊びに来いや」
二人にこう声をかけて、その日はようやくおさまったのだった。
翌日から本当に二人は、毎日のように事務所に遊びに来るようになった。しょっちゅう揉め事を持参しながら。そして、いつしか私のことを二人揃って兄貴と呼ぶようになっていた。

ブッチャーと二人で、死んだゼロやんを偲びながら杯を傾けていると、メンチから電話が鳴った。
「兄貴でっか? パチンコ出てまんのか~?」
もちろん、私はパチンコなど打っていなかった。その旨を伝えようとすると、
「兄貴っ! ワシは兄貴の悪口なんてゆうてまへんでっ!」
今度は私の悪口を言っていないと強い口調で訴えはじめたのだ。
「ロッキーが『お前、兄貴の悪口言うとるやろ』ってしつこいんですわっ」
メンチは少し怒り口調でもある。ちなみに、私の周囲でロッキーと呼ばれている者はいない。さんざん私は、メンチに悪口を言っていないことを力説され、最後は、やや怒り気味のままメンチに一方的に電話を切られてしまった。どちらかと言うと、怒りたいのは他でもない私のほうだ。
切られた携帯電話を唖然と見つめていると、横で事の成り行きを聞いていたブッチャーが口を開いた。
「ロッキーでっしゃろっ」
何とも言えぬ、したり顔で話すブッチャーに、私は尋ねた。
「なんや、ブッチャー知ってんのか。誰やねんロッキーてっ?」
「あいつ昔から、シャブとハッパ、チャンポンさせると、ロッキーのテーマソングが流れて、ロッキーが来た! ロッキーが来た! 言い出しよりまんねん」
聞くんじゃなかった。ロッキーはメンチが生み出した、ただの幻覚ファイターだったのだ。
私は「なんじゃそれっ」と吐き捨てると、グラスに残っていたビールを一気に飲み干した。その時だった。店内の入口が開け放たれた。自然、入口に視線を投げる。
「兄貴っ、すんません...」
 汗まみれのメンチが息急き切って、そこに立っていた。
「メンチ、どないしてん...」
メンチはもうロッキーのことを口にせず、ただただ禁じていた覚醒剤に手を出してしまったことを詫び続けた。
私は、もうやってしまったものは仕方ない。それよりもこのままウロウロされては、警察の職務質問に会い、逮捕されてしまう怖れもある。まずは、親元へと帰って覚醒剤を抜いてくるように告げた。メンチの親は有馬温泉のすぐ近くに住んでいる。そこで10日ほど過ごせば、覚醒剤は抜けるはずだ。
メンチは神妙に頷くと、次の日から親元へと帰っていった。
途中、メンチから電話があり、「兄貴~、温泉入りにきなはれ~」と連絡があった。そのときの声は、いつものメンチの声色に戻っていたので、私は勝手に安心してしまっていた。
だが、きっかり10日後に事務所へと姿を見せたときのメンチは、明らかに顔色がおかしかった。
私は、メンチに早く帰って休むように促した。
「兄貴、元気になったら兄貴の運転手、ワシがやるからなっ。ワシがやるからなっ。ずっと一緒でっせ」
「メンチに運転手してもうたら、危のうて仕方ないわっ」
私は笑顔で返した。メンチもクスッと笑った。

翌日、けたたましく鳴り響くブッチャーからの電話で叩き起こされた。
「兄貴、メンチが...メンチが死にました」
時が止まるとは、この事を言うのだろう。一瞬、ブッチャーが何を言っているのか分からなかった。
ブッチャーとメンチの朝は、異様に早い。その日、ブッチャーは電話に出ないメンチの家のインターホンを激しく鳴らしたらしい。だが、中から応対がまったくない。ドアを叩いても、蹴り上げてみても、それは同じだったという。訝しんだブッチャーは管理人を叩き起こし、メンチの家の鍵を開けさせた。
メンチは、室内で背を向けて座っていた。その背にブッチャーは、声をかけた。
「おいっ! メンチっ! おんのやったら、返事せんかいっ!」
ブッチャーはドカドカと上がりこみながら、声をかけたが、メンチはいつまで経ってもふり向こうとしなかった。
メンチは、座ったまま冷たくなっていた。死因は心筋梗塞。
私はブッチャーからの電話を切ると、うずくまっていた。ブッチャーもそうだが、メンチからも腐るほどの厄介ごとを持ち込まれ続け、
「おどれ、こらっ! そんなにオレの言うこと聞かれへんのやったら、出て行きさらせっ!」
と、何度もどやしつけたこともあった。
「あ?あっ、そうかいそうかいっ! 出っていったらっ! 世話なりましたなっ!」
そう言い返してきても、必ず翌日の午前10時になると、何事もなかったように定期連絡を入れてくる。
「兄貴~ご苦労はんですっ。なんぞ変わりありまへんか~」
いつの間にか、私は泣いていた。嗚咽を漏らしながら、泣きじゃくっていた。
「沖ちゃん、どしたんっ? 何かあったん?」
震える私の背に、ヒカが話しかけてきた。ちょっと一人にさせてくれっ、と言うのが精一杯だった。
なんでメンチまで死んでまうねんっ、運転手してくれんのとちゃうかいっ! なんで、なんで死んでまうねんっ! なんでやねん、なんでやねん、なんで...。
涙はとめどなく流れ続けた。
次の日になっても、次の次の日になっても、もう二度とメンチから定期連絡が入ることはなかった。
暑くて、狂ったような夏の終わり。駆け抜けるように生粋の愚連隊が一人。この世に別れを告げていった。


●沖田臥竜(おきた・がりょう) 元山口組二次団体最高幹部。所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)。最新刊は『尼崎の一番星たち』(同)