>  >  > 新装改訂版『生野が生んだスーパースター文政』沖田臥竜presents!
腐り切った悪党の末路

新装改訂版『生野が生んだスーパースター文政』沖田臥竜presents!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腐り切った悪党の末路


ー文ちゃん!今日はええプレゼントがあるで~ー
から始まる手紙の主はA。
 Aからの「文政」へのプレゼントとは


ー文ちゃんは、ええ男や!大阪一や! ワシも大阪一やと思うとる。大阪で一番同士、兄弟なる時が来たんとちゃうかっ!ー


 要するに獄中のAから「文政」に、兄弟分のお申し込みである。
 私はこのAという男の事を直接知らない。
だが、A達が起こした事件は、紙面で読んでいたし「文政」からも度々、聞かされていた。
 私とは違った意味で別世界の住人だ。


 文政は言う。


「Aはな、元は神戸の四次団体の若い衆やってんけど、ヤクザとしては一切使いもんならん。どっちかゆうたら、カタにはまらんワシら側の人間や。多分、兄弟とはまったく肌が合わんやろ。ワシら側の人間やけれど、ワシら側からもはみ出してもうとる。生粋の悪党や」


 ー生粋の悪党やー
そう言った時の「文政」の顔はどこか苦々しげに見えた。


「こいつらの事件で一人行方不明になっとるやろ。死体はロシアに流されたらしい。名前はNゆうねんけど、コイツもワシよう知っとんねん。Nがしゃくられた(さらわれた)時、Nの車の助手席にワシの妹分が乗っとってな、一部始終目撃しとるし、Nをしゃくった部隊の人間らもワシ付き合いがあんねん」


 実際「文政」の顔の広さは、日本全国に広がっている。


「NはMゆう人間にはめられたんや。元は、AとNとMの3人を中心にして、なんでもござれのギャング組織を形成しとってんけどな、◯◯県に三人で遠征のタタキ(強盗)入ったゲーム屋が悪かった。兄弟も知っとるやろ、◯◯組」


 私だけでなくヤクザをやっていれば、誰だって知っている武闘派組織だった。


「あそこの組長の姐がやっとる店やってやな、たまたま店に居合わせた姐まで縛ってもうたんや。そりゃ早かったで。3日もせんうちに3人とも名前割れてもうて、西成はすぐに◯◯県ナンバーで埋め尽くされてしもうた」


 この3人が大阪西成区を拠点にギャングへと繰り出していたことは、私も新聞で読んでいた。


「最初にガラをとられたんがMや。Mは殺されてない、半殺しですんどる。向こうの狙いは、AとNやったからな」


 一連の事件は、全てAとNの主導であったらしい。


「Mを手引きに使うて、AとNを呼び出しかけたんや。Aは来なんだ。来とったらNと一緒に行方不明なっとたやろ。Nは、まんまと行ってまいよった。一緒におったワシの妹分まで連れて行っての。もちろんワシの預かり知らん話や。NはMの指示した場所に着くなり、待ち構えとった部隊に四方八方を囲まれた。一緒におった妹分が見とるから、間違いないやろ」


 その時の状況を「文政」はすべて、妹分から詳しく聞いていた。


「NはNでAほどやないけど、気は狂うとる。青龍刀握って、運転席から飛び降り、踊りかかっていこうとしたらしいわ。しゃあけど、一瞬やったって。"熊殺し"いうタンクついた催涙スプレーあるやろ。アレをさっと浴びせられ、トランクの中へ突っ込まれてちゃんちゃんや。時間にして僅か数十秒や。それでNは還らぬ人や。死体もあがってへん」


 "熊殺し"と呼ばれる催涙スプレーは、人をさらう時に重宝されており、裏社会のアウトロー達の必需品だった。


「この一件ではワシの知り合いを始め、16人パクられたけど、証拠不十分で皆、起訴はされとらん」


 紙面で大きく取り上げられた逮捕の記事に対し、その後のそういった経緯についての記事の扱いは、あまりにも小さいものだった。いつもの事と言えばいつもの事だ。


「Mは逃げだして、すぐにヒネ(警察署)に駆け込んで塀の中へ逃げ込んだ。Aは『Mを殺す』て騒いどったらしいけど、もうすでにオリの中や。手出しようあらへん。結局、Aだけ逃亡生活や。その逃亡生活中に普通の女の子を喫茶店からしゃくりよってな、その女の子をシャブ漬けにしよってんから、もうどないしようもあらへんがな。それでパチンコ打ってる時にその女の子に通報されて、ジ・エンドいうやっちゃ」


「文政」の口調が、いつしか毒でも吐き出すような喋り方に変わっていた。


「パクられたあともな、Aは『こうなったら全員、道連れにしたらあ』とかなんとかゆうてな、事件なってない事も全部歌いよった。それで関係ない子らまで巻き込まれて、Aのチンコロで最終的に14人もパクられてしもうとる。Nの件も合わせたら、Aの絡みで30人はパクられた事になるんや」


 逮捕者30人といえば、小規模な抗争事件の逮捕者に匹敵する数字であろう。


「ワシが『仁義』やの『ルール』やのゆうたら、兄弟に笑われてまうかもしらんけど、ワシらには、ワシらの仁義があるはずや。それすら守れんAはクソや」
 
確かにAは、人として外道以外の何者でもない。中でAを仕留めようとする動きもあるほどだ。


「コイツとな、バクチ場でよう顔合わせとってん。
ほんならワシに、『文ちゃん、チマチマやらんと、ワシらとギャング行こや。居とるだけでええから、儲けさせるで』とか抜かしよってな、ド突き上げたろか思たけど、今思えば、バクチの最中でホンマ良かったわの。関わってたら損しかなかったがな」


この話は、もちろん実話である。


ヤクザ記事をなりわいにしているM・A氏もこの事件を実話誌に書いている。
少し事実とは異なる箇所も見受けられたが、事件が事件だっただけに、わざと筆をぼかしたのかもしれない。


 その後、Aは東大阪の会社社長宅に侵入し、一家6人を縛りあげて包丁で切りつけた挙句、現金を奪った事件をはじめ、30件以上の罪状で逮捕起訴され、無期懲役の判決を受けて某刑務所に収容されることになる。
もちろん、その時の私達が、そんな先の事など知る由もない。
だが、もうAが生きてシャバの土を踏むことはできないことは予想できていた。


「でも、兄弟、やっぱしバクチはタブやで」


 そう言って、何事もなかったように「文政」は、熱心にバクチの話を語り始めたのだった。


●沖田臥竜(おきた・がりょう) 元山口組二次団体最高幹部。所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)。最新刊は『尼崎の一番星たち』(同)