>  > 芸能界にまで汚染された覚醒剤
芸能界にまで汚染された覚醒剤

芸能界にまで汚染された覚醒剤

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年マスコミを騒がしている事件の一つに覚せい剤事件がある。
ここ数年で覚せい剤を使用して逮捕された芸能人は順不同であるが、清水良太郎、田代まさし、押尾学、若山騎一郎、清水健太郎、岡崎聡子、ASKA,高知東生、橋爪遼、歌のお兄さん杉田光央、小向美奈子、忘れてはいけない清原和博等挙げていけばキリがない。

現在日本は第三次薬物乱用時期と言われている。
第一次は戦後の混乱期の1945年から1957年、これは俗にヒロポンと言われる覚せい剤が出回った時期だ。

次が1970年から1994年と言われる。
この時期は覚せい剤では無く、有機溶剤が主流である。つまり暴走族が多く、街頭にトルエンの売人が立ちシンナー遊びが流行った時期である。

そして第三次薬物乱用時期が1995年から始まった。
巷に出回っている覚せい剤は元よりMDMA(エクスタシー)、危険ドラッグ、大麻など多種多彩に登る。

覚せい剤は媚薬であるのか?
この答えはハッキリ言ってNOである。
コカインなどはセックスドラッグとして使われているが覚せい剤はその使用方法によって特徴があるのだ。
例えば戦中に使われた覚せい剤などは歴史の暗部であるが、特攻隊の他、工場の生産能率を高める為に使われていた。
それが市場に流通し、薬局等の店舗などで買えた時期があった。
俗に言うヒロポンである。

今では考えられないが当時の新聞の広告に
「精神、肉体の過労に対する治療および予防、徹夜時の睡気、心身過労の除去に効果」
との宣伝文句で大流行となった。

実は数多くの製薬会社が類似品を発売し、一番多く宣伝した某製薬会社が発売したヒロポンがメジャーとなったのだ。
日本で覚せい剤のリスクが認識されたのは昭和22年に入ってからの事だ。
まだ海外の文献にも薬害のくわしい記載はなく、最初は精神疾患と誤解された。
昭和25年に薬事法で劇薬に指定、さらに翌年「覚せい剤取締法」が施行されたが。時すでに遅く、覚せい剤はきわめて深刻に蔓延していた。
それは当然であろう、薬局で注射器と共に買えたのであるから。

その昔、薬物を使い作家が執筆活動に、芸人がネタ作りであろうか?多く使用されていた。
又、今でも海外などでは受験勉強などにも使われている。
つまり集中する為に使うには最適な薬物なのだ。
セックスで覚せい剤を覚えればその快感を身体と頭で覚えてその虜になる。
女性がセックスで覚せい剤を覚えればそれが癖になり辞められないのはある意味当然である。
今まで筆者が取材した覚せい剤使用者の女性の一部は男性に知らない内に使用されて、それが癖になり止められなくなったと言う意見を数多く聞いた。

意外に知られていないが、覚せい剤はその仕入れた時期などにより値段が変わり.中に入る通称混ぜ物が全く違うのだ。特に盆暮れ正月の今は色々な事情が重なり非常に高値らしい。

混ぜ物が入っていない、純度が高い覚せい剤は実は人気があまり無いのだ。
それは集中力が増して、ただ眠れなくなり食欲が無くなるだけだからである。
今は音楽活動に復帰しているASKAが当初言い張った「アンナカ」は馬に使う興奮剤であり、それが入る覚せい剤は「下ネタ」と呼ばれ値段が高い商品であるが、今では殆ど流通していない。
この様に使い方によって変わる覚せい剤は本当に怖い薬物である。

覚せい剤を断ち切るにはその当時の関係を一切断ち切るしかない。
誰もがそれを言うが実際にそれを実現する事は難しいであろう。
まして芸能人は自分が断ち切っても常に新しい魔の手が近寄ってくるからだ。

そして一度覚えた性癖等を簡単に治す事は出来ないからだ。
覚せい剤依存は一生の戦いであり、治療に愛はいらない、とよく言うが最後にこの言葉の意味を書こう。


一生の戦いとは脳がその快感を覚えているからであり、愛はいらない、と言うのは誰かが助けてくれるからまだ平気であろう、という大きな勘違いだ。これはパチンコ屋の営業、話題作りのヌードなどは芸能人に当てはまるのであろうか?