>  > 菱のカーテンの向こう側ー山口組最新情報ー
遮断された菱のカーテン

菱のカーテンの向こう側ー山口組最新情報ー

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遮断された菱のカーテン

「神戸山口組の情報が極端に入ってこなくなった」

神戸山口組俠友会本部事務所が封鎖されて以来、捜査関係者が口を揃えていう言葉だ。いや捜査関係者だけではない。
報道関係者を始め、神戸山口組関係者からですら、このような声が聞こえてくる。

「プラチナ(直参)の組長にさえ、何かの行事に際には、当日になって連絡が入るのではないか、と言われている程で、何事にさえ箝口令が敷かれているのが現状だ」
裏を返せば、情報管理が徹底されている言えるのだろう。
ただこれはある意味において、ヤクザが地下に潜り始めた前兆と言えなくはないだろうか。

長年ヤクザ業界を取材し続けてきたジャーナリストは、現在の状況をこのように分析している。
「世界各国をみても、堂々とヤクザである事を公言して活動しているのは、日本の暴力団だけなんでしす。海外のマフィアは例外なく、一般社会にとけ込み、マフィアであることを、ひた隠して存在しています。その点で言えば、日本はヤクザである事を隠さず、存在しているので、ある意味において分かりやすさがありました。それが本部事務所の閉鎖などでヤクザもマフィア化していく可能性が今後、十分にあります」

何も神戸山口組だけではない。神戸市灘区にある六代目山口組総本部についても、現在、兵庫県警などが使用差し止めの司法手続きを進めている。
仮に実現するれば、六代目山口組も神戸山口組同様に組織の実態を不透明にさせていくかもしれない。
そうなれば、任侠山口組においても、また他の組織においても、そういった現象が起こり得るのだ。

世の中に必要悪というのがいつの時代にもある。
半グレが跋扈しようが、不良外国人が暗躍していようがどこかでヤクザ組織との繋がりがあるのは事実で、裏社会の頂点はどこまでいってもヤクザなのだ。それは歴史が証左している。

ヤクザの力があるからこそ、それが抑止力となり、街の治安が保たれていた側面もあった。
それをヤクザが実態を隠し、地下へと潜ればそういった効力が低下する恐れがある。

確かに、抗争事件などが勃発し、一般市民を不安視させる事はあってはならない。
しかし、ヤクザ組織に必要以上の弾圧をかければ、次なる不安を一般市民に与えかねないのではないだろうか。


(RーZONE編集部)