>  > 菱のカーテンの向こう側 〜三代目岸本組体制、明日にも発足か〜
友好団体が六代目山口組総本部に訪問

菱のカーテンの向こう側 〜三代目岸本組体制、明日にも発足か〜

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■友好団体が六代目山口組総本部に訪問

週明けから、六代目山口組の親戚団体が六代目山口組総本部に年末の挨拶の為、続々と訪問した事が捜査関係者の取材で明らかになった。

訪れたとみられる有効団体は、5日が五代目稲川会、七代目松葉会、七代目会津小鉄会(原田昇会長)。
翌6日が東声会、双愛会、共政会、合田一家、親和会、福博会が訪れたと見られる。

そうした中で、5日。六代目山口組では、11月15日に他界した二代目岸本組清水武組長の跡目として、同組若頭が三代目を継承することが正式に決定したようだ。

三代目岸本組の盃直しは、大安となる明日7日が濃厚ではないか、と見られているようだ。

「事始めまでに、三代目岸本組の盃直しを済ませて、当代となった三代目組長が、事始め式で晴れて司組長(六代目山口組組長)から、盃を下されるのではないか」(捜査関係者)

関係者の話しでは、例年通り六代目山口組の事始め式は、12月13日に挙行されるとみられており、六代目山口組にも年の瀬が迫っていることが伺えるといえるだろう。


(RーZONE編集部)