>  > リアルニュースサイトRーZONEが一年の充電期間を得て、本日よりいよいよ再始動!

リアルニュースサイトRーZONEが一年の充電期間を得て、本日よりいよいよ再始動!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ogura_140908.jpg

著者の沖田臥竜氏。


沖田『いや、それは違います。前回は愛すべき男、文政を主人公にした生野区にスポットを当てたので、次は私の地元、尼崎に舞台を移そうと思っただけです』

ー「尼崎の一番星たち」の見どころをお聞きしても宜しいでしょうかー

沖田『やはり強烈的なキャラクター文政、それにバッテツ、光合成姉妹のひかとみどの暗躍(笑)ですかね。第1章は私のヤクザ人生の後年をシリアスなタッチで描いています。2章からクスッと笑える場面あり、塀の中あり、で読了後、おもろいやんって言ってもらえたらなと思っています』

ーそれは是非、期待しています。今後、RーZONEの執筆では、生野が生んだスーパースターの続編なども始めて下さりますよね。アサヒ芸能や夕刊フジ、そして頻繁に寄稿されているビジネスジャーナルのように山口組関連の情報も提供して下さるのでしょうかー

沖田『いや、ヤクザ関連の話題は勘弁して下さい(笑)
他で十分やってますんで、編集部の人たちでお願いします(笑)
まあ、でも書きますよ。話題のニュースや文政の続編というか尼崎の一番星たちの続編ですね。あと、小説の新作もやりたいと思っています』

ー楽しみにしております。最後に今後の抱負をお聞かせくださいー

沖田『本を世に出したい、という思いから筆を握り、今年は共著を合わせると4冊出版させて頂きました。そろそろ爆発的に売りたいな、と思っています。これからまた、RーZONEでも色々書かせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました』

作家の風格が出てきた沖田臥竜氏の新作「尼崎の一番星たち」は、現在Amazonで予約受付中である。本サイトの活躍を願いつつ、要チェックして頂きたい。
沖田臥竜氏の他、様々な書き手が今後、当サイトで執筆予定である。「生野が生んだスーパースター男、文政」と並んでRーZONEで人気を誇った「菱のカーテンの向こう側」もリニューアルし再開予定だ。
これからのRーZONEに注目あれ!

RーZONE編集部一同