>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑳
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑳

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


ミラクル(奇跡)を巻き起こす若頭の巻


bunmasa_20170227_01.jpg


 現役時代の私の上司はこれまで数々のミラクルを巻き起こし、シャバへと帰還を果たしてきた。

 そのミラクルの序章が幕を開けたのは、上司がまだ若頭の席に座るより以前、鬼の大阪府警と対峙させられた時であった。

「よっしゃ! 黙秘貫くねんな! お前もレスリングやってたらしいやんけ、ワシに下手打たすんやったら屋上で延々懸垂じゃ!」と全く意味不明な会話を運動バカな取調官に投げつけられた私の上司は、取調室から警察署の屋上に連行される事になってしまった。

 そこには、懸垂棒が備えつけられていたという。

 骨太の運動バカはひょいと先にその懸垂棒につかまると、私の上司にも同じように懸垂するように促した。

「勝負しちゃる!」

 得てして、大阪府警の暴力(取調官)は言葉の端々に広島弁をミックスさせるという習性を持っている。

 上司は何一つ顔色を変える事なく、懸垂棒にぶら下がると黙って懸垂を始めた。

「おっ! なんなら、ワシに勝てると思とんのかっ! ふんっ! ふんっ! ふんっ! ふんっ!」

 運動バカも慌てて懸垂を遣り始めた。懸垂を強要するだけあって、運動バカも学生時代にはそれなりにスポーツで鳴らしたという自負があったのであろう。

 だが相手がオリンピック候補に選ばれた事がある経歴の持ち主である事に気づいていなかった。

 数分後。懸垂棒を離しその場で息を切らせてうずくまった運動バカは、まだ黙々と懸垂をやり続ける私の上司を見上げたのだった。

「ハッ......ハッ......ハッ......なんならっ? お前は......」

 月明かりの中、その後も上司は懸垂を続けていたのだった。

 この出来事で府警を躍起にさせた訳ではないだろうが結局この時、上司は起訴されて裁判で一年戦う事になってしまう。

 そして言い渡された判決はなんと無罪だったのだ。現役のヤクザに無罪が言い渡されたのだ。

 これがどれだけの快挙か、裏社会の住民なら誰でも理解できるだろう。

 だが、他でもない上司にとっては、それは当たり前の出来事に過ぎなかった。何故なら上司の大学時代の専攻は、法学部だったのだ。

 その知識は下手な弁護士なんかよりもはるかに上回っていたからだった。