>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──㉑
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──㉑

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


足早にこの世を去った男の巻


bunmasa_20170220_01.jpg


 その内部抗争の最中に出た死者は一人。弾いたのは警察官。内部抗争とは直接関係のない死であったのだが、もし男が生きていたなら、私のその後の人生も違うものとなっていたかもしれない。




 深夜。警察官二人は、ファミレスの駐車場を徘徊する二人組に職務質問をかけようと近づいた。

 それに気がついた二人組は、停めてあった白のセダンに飛び乗り、そのままバックでフェンスを突き破って逃走をはかった。

 この時、受けた衝撃でセダンは後輪を大破させてしまい、慌てて追跡してきたパトカーにすぐ追いつかれる事になる。

 だが男がハンドルを握るセダンは、通行禁止の商店街などに進入しながら全く停止する気配を見せなかった。

 後輪を大破させていなかったら、パトカーも追跡を断念していたかもしれない。だが後輪を大破させていた為に、男がいくら危険な運転を繰り返しても、すぐさまパトカーに追いつかれる事となった。

 そのまま15キロ逃走し続けたセダンは、大阪市内の堤防沿いでパトカーに追い越されてしまい進行を塞がれてしまう。

 行く手を阻んだ警官二人は、パトカーから飛びおり、運転席の男に制止を求めた。

 それに対して男が出した答えは、パトカーへの衝突だった。

「どけっ! どけっ! どきさらさんかいっ!」

 男はこう叫びながら、何度も何度もパトカーにセダンを衝突させた。

 警官二人は何度も停止を呼びかけた。だがもう男は停まることが出来なかったのだろう。

「停まれ! 停まらんと撃つぞっ!」

 警官の一人がピストルホルダーから拳銃を取り出し、運転する男に銃口を合わせて叫んだ。

 だが、男は停まろうとしなかった。

 やむを得ず警官が引き鉄を絞った。乾いた銃音が辺りに響き渡る。立て続けに三回引き鉄を引いた。

 そのうちの一発が男の心臓を貫通した。

 享年47歳。男が死んだことで、内部抗争に端を発して始まった一連のトラブルは、一応の幕となったのだった。