>  > 菱のカーテンの向こう側2017「六代目山口組が3人の実力派組長を若頭補佐に抜擢の噂」
日本の裏社会で今、なにが起ころうとしているのか?

菱のカーテンの向こう側2017「六代目山口組が3人の実力派組長を若頭補佐に抜擢の噂」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hishi_no_curtain_2017325_01.jpg

 2月に入ってすぐ、業界関係者の間から「現在、社会不在を余儀なくされている高山清司若頭を補佐する若頭補佐が新たに増員されるのではないか」という噂が漏れ伝わってきていた。

 その噂は今週に入ると、あちこちで飛び交うようになり、現時点では「確定した」として関係者の間で囁かれているという。

 噂に上がる幹部は3人。そのうち2人の幹部には、これまで若頭補佐の昇格の噂が流れていたのだが、残る1人の幹部については「今回、初めて名前が上がったのでは」と言われているようだ。

 3人の人選について、ある関係者はこのように話す。

「勢力的にいつ補佐の声があがってもおかしくなかった。分裂後のトラブルでも武闘派な一面を見せている」(六代目山口組関係者)

 また分裂後、空席になっていた役職についても、この昇格人事に合わせて、ある直参組長が就任するのではないかとの噂がある。

 そちらの人事についても関係者は「適任ではないか」と話す。

"人事はフタを開けてみるまでわからない"という言葉がある。果たして、今回、確定人事として流れている噂が現実のものとなるのか、はたまた違う人事となっていくのか。

 今はただ、近日発表されるであろう一報を待つよりほかに術がない。


(取材・文/R-ZONE編集部)