>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑯
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑯

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


オカンとオレと、時々、文政の巻


bunmasa_20170124_01.jpg


 刑務官と大阪府警の質の悪さは今に始まったことではない。

 でも、看護婦から女性でも看護師と名をかえた彼女たちの院内での傲慢ぶりは、あまり知られてないのではないだろうか。

「よっしゃ! ワシが三日入院して、愛したろかいっ」

 看護師の質の低下ぶりを文政に嘆けば、彼はそう言って病院を愛の巣に変えかえかねないのだが、残念ながら彼は現在、塀の中である。

 ある事がきっかけで、どうしてもその変質ぶりをナイチンゲールさんの代わりに嘆かないと気がすまなくなってしまった私は、オカンに電話することにしたのであった。

「あんた何言うてんの。そんなん前からやんか。だからお父さんが入院してた時は、高くてもお金払って個室に入って、お母さんが病室に泊まり込んでたんやないのっ」

 私はその時、シャバにはいない。だからその時のオカンの苦労を全く知らなかった。

 看護師の質の低下ぶりを嘆く前に、私の過去のボンクラ具合を嘆くほうが先であった。




 そんなオカンからはしょっ中、電話が鳴る。

 雪が降れば「ひかちゃんに車、気いつけて運転せなあかんでって言うときや。あの子すぐ何処までも行ってしまうからなっ」と言い、雨が降れば「ひかちゃんに傘持って出かけるように言いや。あの子、傘持たんと何処までも行ってまうからなっ」と電話が鳴る。

 オカンはたいがい「どっからどう読んでも、文まさくんおもしろいのになっ。なんであんまり売れへんのっ?」と私に言っても仕方ないことを平気で嘆くのであるのだが、無論、文政とオカンは知り合いである。

「文政くん、コーヒー砂糖多めでええんやな~」

「さすが、兄弟のオモニや。ようワシのこと知ってるわ。ばさーっとようさん入れたってっ~」

 文政いわくブラックコーヒーを好む人間は「兄弟、あれは我慢してかっこつけとんのやどっ」となり、彼の前でブラックコーヒーを頼むと「ムリすな、どアホっ」と砂糖をてんこ盛り入れられてしまうのである。

 これも関西の裏社会では当たり前の常識事項である。

「文政くんの本、どっから読んでもおもしろいのになんであんまり売れへんのやろなっ」

 今日もそのことを嘆く、オカンであった。




(イラスト=山下ユタカ 文=沖田臥竜 写真はすべてイメージです)




『生野が生んだスーパースター 文政』ただいま絶賛発売中!!!

bunmasa_20161003_15.jpg

著者/沖田臥竜 刊/サイゾー 定価1296円

 ヤクザ、半グレ、詐欺師に盗っ人大集合。

 時代ごときに左右されず、流されも押されもしない男達が織りなす痛快ストーリー。

 単行本書きおろし新作&山下ユタカ描きおろしイラストも多数収録。

 これがリアル大阪裏社会だ!




『生野が生んだスーパースター 文政』
ただいま全国書店Amazon(リンク)で発売中!