>  > "逃げ恥"か?児童ポルノに狂った性職者の裏の顔!逃げるは恥だがアソコは勃つ!
R-ZONEニュース!

"逃げ恥"か?児童ポルノに狂った性職者の裏の顔!逃げるは恥だがアソコは勃つ!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

o0674038813766672023.png

 今年10月6日、さいたま市大宮区上小町在住の平川貴之容疑者(35)を、中学生にみだらな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕したと警視庁が発表した。

 平川容疑者は同年9月4日、ツイッターで知り合った都内中学校に通う15歳の少女に対して4万円を渡す約束をし、みだらな行為を行ったが、「持ち合わせがないので、コンビニに行く」と少女を騙し、金を支払わずにそのまま逃走。

 しかし、金銭の譲受がないことに怒った女子中学生が警察に通報。それによって事件が発覚し、逮捕に至った。

 平川容疑者にとって、女子中学生の行動は想定外だったようで、「自ら犯した売春行為の件を警察に自首するようなマネをするわけがない」とタカをくくっていたという。

 しかし、同容疑者にとって更に想定外だったのが、金銭の譲受が無かったことで、強姦罪の罪にも問われる可能性も出てきたことだ。

 逮捕後、平川容疑者は「15歳だいうことは知っていた」と容疑を認め、「他の子にも同じことをした」と話している。

 平川容疑者逮捕によって世間を驚かせたのが、同容疑者が大学卒業後、埼玉県で小学校教諭として2年程勤務、その後システムエンジニアなどを経て、現在は教育コンサルタント会社、株式会社ISTEを設立、社長として児童ポルノ根絶活動に関わり、「ネット等の性被害(児童ポルノ)根絶等の啓発講演会」などで講演会も行っていたことだ。