>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑫
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑫

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


ふたりの文政の巻


bunmasa_20161212_01.jpg

wikipedeia「平野駅」(リンク


 実は関西の裏社会には、文政は2人存在する。

 一人はもちろん生野が生んだスーパースター文政であるのだが、もう一人の「文正」は、平野の文正と呼ばれている。

 平野の文正の名前も関西のアウトローでは知らぬ者がいないだろう。

 生野の文政同様、暴力のみで名を売ってきた男だ。

 残念ながら、私も文政も彼には会ったことはない。だけど彼の兄貴分のことは良く知っている。いや知らないほうがおかしいだろう。

 元は二次団体の執行部を務めていたのだが、ある事で「こんな組やっとれるか!」と組を割って出て、その後、暴力がモノを言う街・西成で帝国を築いた組織の立役者となった組長だった。

 その名を聞いただけで、震えあがるほどの兄貴分を文正は持っている。

 平野の文正が有名になった理由は、社会での暮らしというより、どちらかと言うと中の暮らし・懲役ではないだろうか。はっきり言って、その反骨心は誰にも真似できるものではない。

 逮捕されれば、必ず中で暴れて刑期を増やしてしまうのだ。それも絶対に官を相手に。

 とにかくその暴れっぷりは、凄まじい。

「ちょっとうるさしまっせ~っ」と叫んだかと思うと、歌を口ずさみながら舎房のガラスを叩き割ってしまう。

 懲役たちはそれを「文正音頭」と呼び、関西管区の刑務所で知らない者がいない程の大ヒット曲である。

 今回の務めも、裁判所で検事に殴りかかるわ、警察官に殴りかかるわで、短期刑を十年近い刑にまで跳ね上がらせている。

 ここまでやれば、それも一つの生き方、務め方ではないだろうか。

 対する文政は、というと、事件送致されるどころか懲罰になることもほぼない。

 真面目に務めるからなのか、と言うと決してそうではない。我が道を中でも外でも貫いている。だったら何故かと言うと、官が気を遣うからである。

 文政が暴れ出さないように、配慮するからである。

 だから文政は刑期を増す事もなければ、事故落ちする事もないのだ。

 そのかわり、警察署へ引き戻されることは、しばしばあるのだけれども。

 文政と文正。二人が今後、顔を合わすか合わさないかは、運命が決めるのだろう。


(イラスト=山下ユタカ 文=沖田臥竜 写真はすべてイメージです)




『生野が生んだスーパースター 文政』ただいま絶賛発売中!!!

bunmasa_20161003_15.jpg

著者/沖田臥竜 刊/サイゾー 定価1296円

 ヤクザ、半グレ、詐欺師に盗っ人大集合。

 時代ごときに左右されず、流されも押されもしない男達が織りなす痛快ストーリー。

 単行本書きおろし新作&山下ユタカ描きおろしイラストも多数収録。

 これがリアル大阪裏社会だ!




『生野が生んだスーパースター 文政』
ただいま全国書店Amazon(リンク)で発売中!