>  > 【放送事故】"ザ・兄貴"長渕剛が生放送でマスコミ批判をした魂の「乾杯」
R-ZONEニュース!

【放送事故】"ザ・兄貴"長渕剛が生放送でマスコミ批判をした魂の「乾杯」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑ってはいけないFNS歌謡祭?

1210nagabuchi2.png


12月7日に放送された「2016FNS歌謡祭 第一夜」に登場して、生歌を披露した長渕剛(60)の魂の熱唱が話題を呼んでいる。

「2016FNS歌謡祭 第一夜」のトリを飾って登場した長渕は、ギターを片手に弾き語りであの名曲「乾杯」を歌い始めると誰もが思った。

しかし突如、長渕はアドリブで、
"アメリカの大統領が誰になろうとも
凶と出るか吉と出るかってそりゃ俺たち次第じゃねえか
今日もマスメディアの誰かが無責任な話ばかりしている"

と元々の歌詞とは全く関係のないマスコミ批判の魂の雄叫びをあげはじめたのだ。

さらに続けて
"歌の安売りするのも止めろー!
日本から歌が消えていく
日本から言葉が消えていく"

と日本の現在の音楽業界を批判するメッセージも歌い上げる。

そして、
"俺たちの東北、仙台、俺たちの九州、熊本、そして福島も頑張ってんだ
オリンピックもいいけどよぉ
若者の貧困、地域の過疎化どうする?
騙されねぇぜマスコミ
騙されねぇえぜヒットチャートランキング
騙されねぇぜワイドショー"

とワイドショーの姿勢も皮肉を交えて批判していった。

結局、この長渕剛の絶叫は3分50秒も続き、その後にアレンジしまくりの「乾杯」を歌い上げた。