>  > 【潜入】幻の高級エステを初体験。未知なる世界で体験したものとは...【前編】
風俗マエストロ・ゴルゴ十三の「風俗の裏の裏の裏」高級エステ編

【潜入】幻の高級エステを初体験。未知なる世界で体験したものとは...【前編】

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半額と思いきや・・・


 
場所はピンサロで慣れた五反田にした。

 店との電話でのやり取りで、ホテル代が別途¥4,500かかることが判明。まぁ、これはホテヘル等でよくあることだが、想像より高くやや萎えた。
 半額の¥18,500に加算して、トータル¥23,000だ。

 指定された場所は、五反田の歓楽街の方で、Googleマップを見ながら行ったのだがイマイチよくわからない。目的地に到達しているはずなのだが、目の前には普通の古いビルしかない・・・。

 とりあえず入って行く。するとあら不思議、3Fに受付があり、それより上階はラブホやレンタルールームというよりレトロなビジネスホテルのような雰囲気になっていた。

話は前後し、電話時における店員との会話。

「ただ今、抜群の素人が待機しております。清楚系とギャル系どちらがよろしいでしょうか」
「うーん、じゃあギャル系で・・・」
「お目が高い! なお当店セラピストへの"脱ぎ強要"や"お触り"はNGでお願いします」

 お目が高い・・・久々に聴いた。