>  > 【潜入】幻の高級エステを初体験。未知なる世界で体験したものとは...【前編】
風俗マエストロ・ゴルゴ十三の「風俗の裏の裏の裏」高級エステ編

【潜入】幻の高級エステを初体験。未知なる世界で体験したものとは...【前編】

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エステ」=業界では「回春」ともいう。高収入女性求人誌に踊る「脱がない、舐めない、触られない」の文字。「客を舐めんてんのか」と若干の怒りがこみ上げてくるもの、このトリプルキーワードによって応募する側=女の子のハードルはぐっと下がる。サービスという観点からみると、いかにも中途半端感が拭えないエステ。ゆえに今まで行ったことがなかったが、今回ある知らせを契機に潜入することとなった。


謎の転送メール

 うす暗闇の中、かすかに光が射込むある日の朝。その光をたよりにスマホを見ると、いつもより多めのGmail新着ポップアップが表示されていた。

 指でスクロールしていく。毎度ピンサロブラザーズの相方が厳選したピンサロメルマガの転送が数件。が、うち1件は珍しくピンサロではないようだ。

タイトル「Fw:幻の最高級エステ オープン記念半額」

 メールを開いてみると、ある大手グループが自信を持って厳選したSSクラスの女のコたちのみが集う高級エステがオープンしたとの内容だった。そして、その暁に3万7千円のスタンダートコースが半額になるという。

ph01girl.jpg

トレンディドラマの女優のようなOLが・・・


 店名は「グランドエステAMAZING(アメージング)」。

 詳細メニューは次のようなものだった。

・Standardコース(90分)・・・¥37,000 → ¥18,500
・Heaven's doorコース(120分)・・・¥80,000
・Pièce de Résistanceコース(180分)・・・¥100,000

 半額のStandardコースより、8万のHeaven's doorコースやフランス語で"極限"を意味するPièce de Résistanceコースが何故か気になったが、とりあえずこのメールを転送してくれたブラザーズにその意図を聞いてみることにした。