>  > 【コカイン吸引】成宮寛貴の"芸能界引退"は「逮捕を見越してのクビ」。声明文から透けてみる業界ウラ事情
R-ZONEニュース!

【コカイン吸引】成宮寛貴の"芸能界引退"は「逮捕を見越してのクビ」。声明文から透けてみる業界ウラ事情

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成宮寛貴は本当に薬物をやっていなかったのか?

1209narumiya1.png


 コカイン吸引疑惑の渦中の人物、成宮寛貴(34)が、12月9日午後、芸能界からの引退を発表した。成宮の所属事務所と本人からFAXで届けられた突然の声明に芸能界のみならず、衝撃を与えている。

 12月2日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)で、いきなりスッパ抜かれた「成宮寛貴の"コカイン吸引"疑惑の現場写真。鼻の下にテープを貼り、うっとり白い粉を見つめて手を伸ばす姿は、薬物逮捕にくれる今年の芸能界にさらに超弩級の衝撃を与えたわけだが、所属事務所のトップコートと本人は「事実無根」であるとし、発行元の講談社に対して法的措置を取るとの強い声明を発表していた。

 しかしさらに追加の報道があり自信を持つフライデー側に対し、12月8日付で改めてコカイン吸引報道を全面否定。それだけでなく、薬物検査のため成宮の尿鑑定を行ったといい「12月7日付で陰性の結果を得ました」としていたのだが、それも急転直下の電撃引退発表である。
 
 所属事務所からは「所属プロダクションにおける社会的責務として、本人から事情聴取、薬物鑑定など、必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした。」と本人の薬物検査をした上での、調査結果を発表。本人からの芸能界引退申し入れにも「本人と何度も話し合いの機会を持ちましたが、本人の決意が非常に固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断しました」と発表している。

 成宮本人も直筆で「全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ、複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。(後略)」と書き記した。

 あれだけ、本人および事務所が否定し、尿検査までやって「陰性」の結果を導き出したにもかかわらず、突っぱねることをしないのだろうか。