>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑪
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑪

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


無類の凶暴、九州男くんの巻


bunmasa_20161205_01.jpg


 私にはホワイトブッチャーという秘密兵器がいるのだが、龍ちゃんにも九州男くんという荒くれが売りの舎弟が存在する。

 九州男くんは強い。百八十を超える身長はみなぎった筋肉で覆われており、素人では束になってかかっていっても、九州男くんをひざまずかすことはできぬであろう。

 それもそのはずである。九州男くんは、彗星の如く明徳義塾に現れウルトラホープと言われた朝青龍を全国大会で倒しているのだ。この黒星で、朝青龍がスター街道を爆進し始めるのは2年遅れたとまで言われている。

 ちなみに、九州男くんの家系は、九州男くんだけでなく、お父さんやお兄さんも力士で、お父さんは、幕入りを果たした某大横綱に初めて土をつけた力士として、今も歴史にその名を刻まれている。

 お兄さんもお父さんと同じように幕入りを果たしているのだが、導火線の短い九州男くんと違い、普段は温厚で気が優しい。

 優しいはずなのだが、これが酒が入ると途端に手をつけられなくなってしまい、凶暴が服を纏っているような九州男くんでも止めれない。

 お兄さんには、博多で起こした有名なエピソードがある。

 その日、お兄さんはしたたかに酔っていた。酔って屈強な黒人2人組とケンカになってしまった。

「キサン、さっきから何を抜かしとるとね!」というと、英語で巻くしたてていた黒人を軽るく片手で持ち上げ、そのまま自動販売機に叩きつけてしまった。

 それを見ていた別の黒人がすぐに飛びかかったのだが、強烈な突っ張りで顔面を張り倒され、そのままジュースの自動販売機の受け口に無理やりねじ込まれかけている。

「キサンらこん中に入っとけ!」

 黒人2人組は巨漢である。間違っても、そんな所には入らない。

 繰り返すようだが、普段のお兄さんは温厚で気が優しい。

 土佐犬とピッドブルの闘犬をこよなく愛しており、その関係で芸能界やヤクザ社会に太いパイプを持っていたりする。

 土佐犬以外にも、お兄さんは闘鶏も同じように愛していた。

 察するに、闘う姿が好きなのであろう。