>  >  > "女アウトサイダー第一号"山崎桃子、今度は彼氏と同じリングへ揃い踏み「彼も私も勝たなければ、シャレにならないわけですよ!」
「今を輝く姫ガール」山崎桃子 Part.2[後編]

"女アウトサイダー第一号"山崎桃子、今度は彼氏と同じリングへ揃い踏み「彼も私も勝たなければ、シャレにならないわけですよ!」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィットネストレーナーとしても活動「総合でのトレーニング法をメニューに取り入れてます」

1204momoko14.jpg

──さっき、教室を見させていただきましたけど、あれはボクササイズになるんでしょうか? フィットネスになるんでしょうか?

山崎 プロジェクトとしては「メイクアップ・ザ・ボディ」と謳っています

──格闘技のトレーニングの要素を入れて、より一般向けにプログラムが組まれている内容ですよね。

山崎 はい。筋トレ的なことを含めて有酸素をすることで、代謝を高めます。

──人に教えるというのは初めての経験だと思いますが、いかがですか?

山崎 「こんなんでいいのかな?」って(苦笑)。自分に自信がないから、大丈夫かな......って思うんですけど。

──メニューは山崎選手が全て考えているんですよね。総合でやってるトレーニングもありつつ、自分で考えたトレーニングもありつつという。

山崎 そうです。普段やってる練習をちょっと変えてみたり。「サーキット」っていう反復運動を10秒と20秒交互に続ける練習は息上げのためにやるんですけど、ああいうのも入れてみようかなって。普段はもっとキツいことをやってるんですけど。

──ですよね。だってさっきの練習で、山崎選手は全然息が上がってなかったですもん! 凄いなぁって。

山崎 いや、いや(照)。

──普段はもっとキツいでしょうから、さっきのは朝飯前という感じですか?

山崎 いや、そんなでもないです(笑)。でも、汗かくくらいで「ハア、ハア......」とはならないです。

──なってなかったですよね、生徒さんはゼエゼエ言ってるのに(笑)。今日はマンツーマンで指導されていらっしゃいましたが、そういう場合は人に合わせてメニューを変えたりするんですか?

山崎 一通りは一緒ですけど、相手を見て「キツそうだからこっちにしようかな」って変えたりします。

──アドリブで? 凄いですね!

山崎 いえ、いえ......(照)。あと、体幹トレーニングとかは格闘技ジムではやらないので、自分で勉強して考えました。