>  > 博多陥没スピード復旧で賞賛された福岡市長の良からぬ噂
R-ZONEニュース!

博多陥没スピード復旧で賞賛された福岡市長の良からぬ噂

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高島市長の女癖、そして...


1130hakata0.jpg


JR博多駅前の大規模道路陥没事故で一躍全国区となった、福岡市の高島宗一郎市長(42)。

迅速な対応とFacebookを駆使した危機管理によってネット上をはじめとして多くの賞賛を浴びているようだが、実はこの人、当の福岡市民からは結構嫌われているともっぱらの噂である。

前職は九州朝日放送の局アナだったのだが、当時のキャラクターがかなりチャラ男。実際にも夜の中洲界隈に、一目でモデルと分かる派手めの美女を引き連れて頻繁に出没していたものだから、評判がいいはずがない。市長になった途端、妻と離婚してしまったのも「価値観の違い」と言われているが、夫の女癖の悪さに愛想がついたという方がしっくりくる。

局アナを辞め市長選に出た際も、局への根回しなしの急転直下のドタバタ劇だったので、同僚からの評判も散々。一連の事件対応の様子をテレビで取り上げるたびに、元同僚である高島市長の「ヒーロー気分の受け答え」を苦々しく思う関係者も少なくない。

本人は全国から寄せられる賞賛の声に気をよくして、東国原よろしく国政への野心を抱き始めていると囁かれているが、先日も急ピッチで復旧した道路が7センチほど陥没していると報道され、雲行きが怪しくなり始めている。

せっかく上がった評価が道路の陥没と一緒に地に落ちないよう、しばらくは道路と自身の足元を固めることに全力投球してもらいたいものだ。

1130hakata3.jpg

復旧するも7cm地盤沈下がみられる現場。「土砂圧縮の可能性」は付け焼き刃のせいか