>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑩
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑩

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


光合成姉妹・みどの必殺技の巻


bunmasa=20161128_01.jpg


 光合成姉妹の妹みど。彼女の得意技の一つに、「焼き肉をおごってあげる」という武器がある。

 私はこれまで、この得意技をたびたびくらい、何度も彼女と焼き肉屋の暖簾をくぐっていた。

 焼き肉屋の暖簾の敷居は同行者によって異なるのだが、私とお姉ちゃんのひかが同行者に選ばれた場合は、食べ放題と決まっている。

 ちなみに文政の場合は、みどのセリフそのものも変わり、「文政~、焼き肉食べたい!」となってしまうのだ。

 そしてそのリクエストにニコニコしながら文政は答えてくれ、まっちゃんがヒソヒソと商いに精を出すというシステムが構築させられていた。

 食べ放題であれ、みどの食べっぷりは気持ちよい。細身のクセに、誰かの悪口をつまみにしながら、次から次に口の中へと焼かれた肉を放り込んでいき、あっと言う間に平らげてしまうのだ。

 もちろん、みどは肉を焼く、なんて野暮なことは決してしない。

 散々人に焼かしておいて、自分が食べ終えてお腹いっぱいになると、「なーっ、沖田~、眠たいから帰ろうや~」と全く協調性のない言葉を悪びれなく口にできる。

 そして、会計である。みどはこんな事を口にし出す。

「みど財布もってきてないで!」

 ちょっと鬱陶しげに口にするのだ。おごってあげると言っていたクセに。

 誤解してはいけないのは、財布を忘れたのではない。ハナから持ってきていないと言っているところだ。そこに、この必殺技の奥義が秘められている。

 だが、この必殺技は、唯一お姉ちゃんのひかには通用しない。

 私が同行していない時に、ひかに同じ必殺技を使うと、「あっそうなん。やったらみど、貸しとったるな」と言われてしまうのだ。

 ひかはひかで、非常にシビアなのである。

「ひかは、ケチやから二人で焼き肉行くの嫌ねん」と口にするみどは、もっとどケチなのであるが。