>  > 菱のカーテンの向こう側115「謎のベールに包まれた六代目山口組の機関紙・山口組新報の最新号を極秘入手」
日本の裏社会で今、なにが起ころうとしているのか?

菱のカーテンの向こう側115「謎のベールに包まれた六代目山口組の機関紙・山口組新報の最新号を極秘入手」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hishi_no_curtain_20161124_01.jpg


「山口組新報」とは、六代目山口組総本部が発行している機関紙である。タブロイド判で全8ページ、「巻頭言」と名付けられた一面には、司忍組長をはじめとする山口組大幹部から一般組員へ向けられた、堅い内容のスピーチ文章が掲載されているのだが、そのほかのページには旅行記や食に関するエッセイ、釣り日記や川柳、囲碁将棋などといった娯楽色のある企画も収録されている。

 実話誌などでは取り上げられることもある、この山口組新報。その最新11号(11月号)を入手したので、内容を紹介していきたい。

 今回、話題となっているのは、やはり一面の「巻頭言」。筆を執っているのは10月の執行部人事で本部長に昇格した大同会(鳥取県米子市) 森尾卯太男会長である。

 なお、はじめにお断りさせていただくが、山口組新報は外部への流出を堅く禁じられており、また「流出した際、どこのブロックから出たものか分かるようなトラップがいくつも仕掛けられているという」と話す関係者もいる。

 なかには「直系組織別に字を一字かえたりしたものを配ってるんや。流出したら、どこの組に配ったもんか一発で見分けがつくらしいで」とまことしやかに話す関係者もいた。

 そのため今回の記事は、山口組新報を一字一句正確に転載したものではなく、あえてかいつまんだ内容になっていることをはじめにお断りさせていただきたい。


 捨身取仁──という大書された筆文字から始まる「巻頭言」は、本部長に就任したことの挨拶からはじまっている。

 推挙してくれた高山若頭、承認してくれた司組長への感謝、本部長という重責を担うことになる抱負の言葉が並び、段落の最後は「全員一丸となって、この試練の時を越えよう」という意気込みで締めくくられている。

 さらに、そこから山口組の歴史を振り返っていくのだが、注目はその中に、9月5日に新神戸駅で起きた、いわゆる"サインくださぁい事件"について触れた箇所がある、という点である。

 要約すれば、「田岡三代目組長が愛した神戸の玄関先で、六代目司組長を罵倒した行為は絶対に許してはならない」という内容なのだが、関係者によれば、この文章が一部で波紋をよんだのだという。

「いつしか、この言葉にこの言葉に尾ひれがつき、それが『六代目司組長を罵倒した行為を許すな、という伝達事項が各直系組織に流れた』という噂になったようだ」(六代目山口組関係者)

 事実は我々取材班には分からない。だが、あの新神戸駅の事件を、いまだに執行部では重く視ているという証左であることは間違いない。

 また、別の箇所では、暮れの行事に向け慌ただしい日々を送っていることも綴られており、「これはヤクザの正月と言われ、例年12月13日に開催される"事始め式"を、今年も盛大にとり行うという意味ではないか」(六代目山口組関係者)とみられている。

 巨大組織・六代目山口組がなにを目指し、どこへ向かおうとしているのか、それらを分析するうえで、この「山口組新報」は第一級の資料だといえよう。


(取材/文 R-ZONE関西取材班)