>  > 生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑨
月曜日はご存知文政劇場

生野が生んだスーパースター文政 ──尼崎極道炎上篇──⑨

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市生野区。通称生野。
私には、この生野という街に兄弟分がいる。兄弟の名前は文政(ブンマサ)。年は私より2つ年上の41歳。生野にとどまらず、大阪のアウトロー達の中では文政の名前は広く知れ渡っている。カタにはまることのないそのスタイルは、まさに天衣無縫。バクチと女をこよなく愛し、性格は底抜けに明るく、誰が相手であっても決して物怖じしない。まさに愛すべき男なのである。これから、そんな文政の兄弟について話していくつもりなので、少しの時間お付き合いいただきたい。(沖田臥竜)


おもな登場人物


bunmasa_profilephoto.jpg

文政 いい女とタブバクチを心から愛する、ご存知"生野のブンマサ"。左目は17歳の時に失い、義眼を入れている。相手がどんな大物であろうが、おおむねタメ口で通している。現在は鳥取刑務所でおつとめ中。

battetsu_profilephoto.jpg

バッテツ 文政の右腕。仕事もせず、ケンカに備え常時筋トレしているという通称"ステゴロキング"。190センチの長身から繰り出されるパンチは脅威そのもの。口癖は「あのねあのね兄弟、こいつら全員しばいていい?」

machan_profilephoto.jpg

まっちゃん 文政の忠実な舎弟。160センチ55kgという小柄な体格をいかした車上荒しのスペシャリスト。その腕前には大阪中の裏社会からスカウトが来るほどだが、本人は文政に対してだけ、信仰にも近いような絶対的忠誠心を持っている。

mido_profilephoto.jpg

ヒカ みどの姉にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の姉のほう。以前、沖田の経営する店で働いていたことがある。優しいけど気分屋で、行動範囲が異常に広い。タレントのスザンヌに面影が似ている。

hika_profilephoto.jpg

みど ヒカの妹にして、大阪最強とも噂される光合成姉妹の妹のほう。とにかく気が強く、とにかく怒られるのが大嫌い。文政を呼び捨てにできる、数少ない女性の一人。タレントの北川景子に横顔が似ている。

okitagaryuu_profilephoto.jpg

沖田臥竜

文政の兄弟分。通称"尼のブラザー"。この小説の語り手でもある。


年上の舎弟・メンチ&ホワイトブッチャーの巻


bunmasa_20161121_01.jpg


 その夏の激しさは、シンゼロやんを連れていっただけでは終わらなかった。

 その時は決して気づくことが出来なかったのたが、今思うと、何かが確かに狂っていた。


 メンチホワイトブッチャーと共に、私の秘密兵器であった。常に修羅の中に身を置いている文政でさえ、「兄弟はええやないか。ブッチャーとメンチがいとるのやから」と事あるごとに口にしていたほどであった。

 荒事には二人とも滅法強い。豆タンクのようなガッチリとしたホワイトブッチャーに対し、メンチは身長180センチ。体重90キロ。スピードもスイッチが入ればびっくりするほど早い。

 ブッチャーとは、幼稚園の頃からタッグを組んで暴れ回っていた。

 一切、どこの組織にも属さず愚連隊の生き方を好きなように貫いていた二人が私の配下となったのは、私が所属していた組織にケンカを売りにきたのが原因であった。

 ウチの人間とケンカになり、わざわざ事務所まで乗り込んできたのだ。

 ブッチャーとメンチは、20人以上の男たちに囲まれても一歩も引こうとしなかった。

 私は、その風景を最後尾で眺めていた。

 その日、二人は三度事務所へとやってきた。

 三回目にやってきた時には、歩くのもやっとだったはずだ。

「お前らごっつい根性あるな」

 思わず私は、声をかけていた。それが私と二人の出会いの言葉になった。

 歳は私よりちょうど10上になる。

「お前らの根性はもう分かったから、次はケンカしに来んと、遊びに来いや」

 私は、二人にこう声をかけて、その日はようやくおさまったのだった。

 次の日から本当に二人は、毎日のように事務所に遊びにきはじめた。しょっちゅう揉め事を持参しながら。

 そして、いつしか私のことを二人揃って兄貴と呼ぶようになっていった。