>  > 紅白司会に単独決定した嵐・相葉雅紀を不安視するファンの声

紅白司会に単独決定した嵐・相葉雅紀を不安視するファンの声

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第67回紅白歌合戦』の司会決定! 白組の相葉雅紀単独に複雑な嵐ファン


 12月31日に行われるNHK『第67回紅白歌合戦』の白組司会者に嵐の相葉雅紀(33)、そして紅組司会者に女優の有村架純(23)が決定した。
 相葉は嵐として2014年まで5年連続で司会を務めたが、単独では初めて。有村は初の紅組司会となる。

 相葉雅紀は、同局では今年4月からスポーツ情報番組「グッと!スポーツ」のMCを担当しており、ほのぼのとした司会ぶりが好評。

 有村架純は来年4月にスタートするNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを務めることが決まっており、また記憶に新しい13年上半期の同連続ドラマ「あまちゃん」で能年玲奈演じたヒロインの母親・小泉今日子の少女期を演じてブレークするなど、同局とも何かと縁が深い女優だ。

 そして実はふたり、2015年に放送された月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)で兄妹役として共演している。池井戸潤・原作のサスペンスドラマで、正体不明のストーカーに立ち向かい、お互いを思いやる兄妹の姿に好感を覚えたファンは多い。

 その白組司会を務める相葉にファンから不安視する声があがっているが、一体どういうことか。