>  > ムロツヨシ、小栗旬との初対面エピソード明かす......『勇者ヨシヒコ』主演・山田孝之の"○○力"を絶賛
TVワイドショーななめ読み

ムロツヨシ、小栗旬との初対面エピソード明かす......『勇者ヨシヒコ』主演・山田孝之の"○○力"を絶賛

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tvmania_20161111_04.jpg

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』公式サイト(リンク


 個性派俳優・ムロツヨシが、バラエティ『チマタの噺』(テレビ東京、11月8日放送)に登場。人気俳優・小栗旬、山田孝之といった著名人との華麗なる交遊録を明かした。

 長い下積み期間を経て、近年はテレビや映画に引っ張りだこの存在となったムロ。現在、同局で放送中の深夜ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』にも出演している。

 落語家・笑福亭鶴瓶がMCを務める『チマタの噺』は、一般人のインタビューVTRをもとに鶴瓶とゲストがトークを展開していくバラエティ。番組取材班が「声優の養成所に通っている」という24歳の男性にインタビューを敢行すると、VTR後にムロは「彼が今、24歳だったと思うんですけど、僕が(所属)事務所に入れたのが30歳ですので。まぁそれまで、映画は27、8ぐらいから何本か出させていただきましたけど」と、駆け出し時代を振り返った。

 そして、鶴瓶の「小栗と知り合ったのは、何で知り合ったの?」という質問に、ムロは「小栗と知り合ったのは28歳(の時)に、(俳優の)升毅さんという先輩がいらっしゃるんですけど、升さんが開いたBBQ大会です。それが小栗との初めての出会いでした」と、説明。小栗と親交のある鶴瓶が「小栗はやっぱスゴイよね。誰かと対抗じゃなく、みんなを盛り上げようとしとるやん」と褒めると、ムロも「(小栗は人を)引き合わせるし」と、補足した。


tvmania_20161111_05.jpg

『チマタの噺』(リンク


 また、鶴瓶が人気深夜ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズの主演を務めている山田の名前を出し、「あの孝之でも、ちょっと前までは二番手か三番手くらいだったんや」と話すと、同作で山田と共演しているムロは「そうですね。1回、20代で主役やって。1回、二番手、三番手とかのトメ(物語の鍵を握る役のこと)とかやってましたね」と、コメント。これを受け、鶴瓶が「今、どんどん主役で出てるやん。分からんもんやで、アレ。いや、どんどん良くなって来てるやんか」と山田の才能に感心したところ、「なかなかですよ、彼は。本当に」「人間性というか、なんですかね......。自分が"こういうことしたい"って考えて、さらに形にしていくんですけど。まぁ、今やってる『ヨシヒコ』もそうですけど。作家さんとか脚本家さんと一緒に」と語るムロ。

 山田はスタッフに「じゃあ、こういうことやりましょう」「こういうことできますよね」などと"提案"をしていくといい、ムロは「言ったことに対して実現させていくんですよね。たとえば、今だったら(ヨシヒコの)LINEのスタンプも。まぁ、もちろんいろんな人の意見はありましたけど、彼が率先して動いて。『こういうことやりましょうよ、ムロさん。どうですか?』とか、『メイキングに使う用のコーナーはこういうのどうですか? ムロさん』とか。行動力がスゴイんですよ、孝之くん」と、具体例を出しながら称賛。この話を聞いた鶴瓶が「そんなことやんねんな」「そんなしそうな感じせぇへんけど、やっぱちゃんとすんねんな」と言うと、ムロは「ちゃんとしてますね。そういうのはお芝居では見せないっていうか、見えないですけどね。彼のスゴイところは」と、山田の知られざる一面を明かした。

 また、これまでに出会った「スゴイ人」という話から、ムロは「僕やっぱり、"人間としてオーラすごいな"って思ったのは、やっぱり純一郎さんですかね」と小泉元首相の名前を挙げた上で、馴れ馴れしく「純ちゃんですね~」と、したり顔。ムロといえば、長男の俳優・小泉孝太郎と仲が良いことで知られており、鶴瓶は「一緒にご飯食べて......」と受け流したものの、ムロは「今、『純ちゃん』って言ったところ、お願いです。カットしてください。鶴瓶さんが『"純ちゃん"って呼んじゃダメだろ』って言うことを想定して『純ちゃん』って呼んだので」と、大慌て。「絶対流す」「そんなことまで俺は言わなアカンの!?」と抵抗する鶴瓶に、ムロは「ちょっと馴れ合いで、すいませんでした! 僕は傲慢でした。すいません、反省してます」と、素直に謝罪した。

 実際に「純ちゃん」とは呼んでいないそうだが、お正月にご飯を食べることもあるとか。ムロは「2人きりになったこともあります。いつも泊まらせてもらったりしていたので。あいさつ行ったら、お父さん(小泉元総理)が出てこられて、『今日はご飯食べて行くんだろ?』って言われて、『はい』って言うしかないじゃないですか。『はい』って言ったら、その息子2人(孝太郎と弟で衆議院議員の小泉進次郎)が帰って来ないもんですから。必然と僕は、ずっと2人でご飯をご一緒しました。2人でご飯食べましたよ。(小泉)家で」と、驚きのエピソードを告白。

 これには鶴瓶も「2人でご飯食べたの?」とビックリしていたが、さらにムロは「で、後に孝太郎がそれを聞いて、『ムロさんがとうとうそこまで来たか』っていう。『小泉家のポジション、ムロさんがそこまで来たか』って。『親父と2人でご飯食べる人、まぁいないですよ』と(言っていた)」と、語った。


(文=テレビマニア