>  > 全てが出来レース?!金にまみれたレコード大賞の闇!三代目JSB・買収疑惑と落ちていく金看板!
R-ZONEニュース!

全てが出来レース?!金にまみれたレコード大賞の闇!三代目JSB・買収疑惑と落ちていく金看板!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
841e157c.jpg

第56回 輝く!レコード大賞より


 第58回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)の各賞が17日、発表され、大賞三連覇がかかっていた「三代目 J Soul Brothers」(以下三代目JSB)が受賞を逃した。

 三代目JSBと言えば、1億円(税別)でレコ大を買収し、「株式会社LDH」宛の請求書の写しを入手したと週刊文春が報じたのは記憶にも新しく、LDH代表取締役のHIRO(47)が突如、社長退任を発表するなど、その闇は深い。

 そもそもレコード(CD)の売り上げが落ちている近年、レコ大自体がアーティストにハクを付けるだけの看板だというのは明々白々であり、魅せるやり方・見せないやり方を忘れた"作り手側"の怠慢や堕落が露呈した結果とも言える。

 三代目JSB・レコ大買収疑惑の火消し役として、宇多田ヒカルを推してきたのは妥当な選択だと言えるが、宇多田ファンも手放しでは喜べないのもまた事実である。