>  > AV出演疑惑の美人女子アナが語った真相「AV出演強要の恐怖」

AV出演疑惑の美人女子アナが語った真相「AV出演強要の恐怖」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1128av_1.png 

イメージ画像:テレビ愛知「まつかよの毎日よかよか」ブログより


大学時代の「アダルトビデオ出演疑惑」が騒動に発展したフリーアナウンサー・松本佳世が、11月24日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演。"恐怖の実体験"を明かした。

 今年10月、警察庁はアダルトビデオ(AV)に関する相談件数が22件(2014年1月~今年6月)寄せられたことを発表。一見、少なく思えるデータだが、警察庁は「ごく一部」との見解を示している。また、政府もアダルトビデオへの出演強要は「女性に対する暴力」にあたるとして、実態把握に動き出した。

 そこで番組取材班が街中で調査を行うと、20代の女性は「『"エロい系のやつ、スカウトですごい稼げるよ"って言われた』っていう風に、友人が言ってました」「歩いている時に、後ろから男の人に『雑誌出てみない?』みたいな変な感じで声をかけられました。名乗ってくれなくて、向こうは。ちょっと疑いをもって、そのまま逃げました」と、証言。

 スタジオでは同じ女性として意見を尋ねられたオアシズ・大久保佳代子が「若い女性って立場も体的にも弱いから、そこにつけこむっていうのは、卑怯ですよね。本当にね。ターゲットをそこにするっていうのは」と怒りをにじませ、タレント・風見しんごは「昭和の時代ならね。販売とかを差し止めとか(できたけど)、今はもうネットとかにあがったら、二度と消せないでしょ。それは怖いよね」と、被害女性を思いやった。