>  > 麻薬戦争の本場フィリピン・ドゥテルテ大統領、高樹沙耶の大麻逮捕を鼻で笑う

麻薬戦争の本場フィリピン・ドゥテルテ大統領、高樹沙耶の大麻逮捕を鼻で笑う

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高樹沙耶の逮捕はドゥテルテ大統領の来日に合わせた!?


 現在、フィリピンのドゥテルテ大統領が来日し、まるでジャニーズ事務所のアイドルを出迎えるかのごとく、日本在住のフィリピン人達から黄色い声援を浴びている姿が連日報道されている。

 応援している人達は、口をそろえて言う。
「ドゥテルテ大統領はフィリピンのお父さん! 今まで、誰もどうすることも出来なかった麻薬問題に正面から立ち向かう英雄!」と。

 大統領に就任した翌日である2016年6月30日。彼は支持する国民に対し、衝撃のメッセージを送った。
「麻薬中毒者を知っているなら、殺しに行きなさい。親にそうさせるのは痛ましいから。」

 そして彼は口だけではない。就任から4カ月も経たないうちに、麻薬取り締まりで2300人を殺害するという"実績"を残す。

 これに対し、アメリカを筆頭とする西側諸国や人権団体からは、多くの批判が集まっているが、どこ吹く風。アメリカ及びオバマ大統領のことを「バカ」呼ばわり出来るのは、ドゥテルテ大統領ぐらいだろう。フィリピン国内が、今までどのぐらい麻薬によって苦しみ、悲しみがまん延してきたのかを知らないくせに余計な口出しをするな!という訳だ。

1027takagi1.png