>  > 【スクープ】オービスがついに一般道に配置され"赤切符の制約"から解き放たれる証拠公開! そしてその裏にある真の意味
交通違反バカ一代・今井亮一が行く!

【スクープ】オービスがついに一般道に配置され"赤切符の制約"から解き放たれる証拠公開! そしてその裏にある真の意味

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オービスの一般道設置が開始される、その意味

 
「オービス」とは、ご存知のとおり、自動速度取締り装置の総称だ。

 道端や道路をまたぐアーチなどに設置され、通過車両の速度を自動的に測定してスピード違反の車を自動的に撮影する。後日、警察のほうで、写真に写ったナンバーから車の持ち主を調べ、違反者を出頭させて取り締まる。写真には運転者(=違反者)の顔も写っており、動かぬ証拠となる。

 ただし、スピード違反ならすべて撮影するわけではない。オービスは赤切符のスピード違反のみを撮影して取り締まってきた。今までは。

 どういうことか説明すると、違反は大きく2つに分かれる。

「反則行為」「非反則行為」だ。

 スピードの場合、超過速度が30キロ(高速道路と自動車専用道路では40キロ。以下同)未満の違反が「反則行為」にあたる。一時不停止や携帯電話使用などといった類の違反も「反則行為」だ。そして「反則行為」には、いわゆる"青切符"が切られる。

 超過速度が30キロ以上の違反は「非反則行為」とされる。飲酒運転や無免許運転も「非反則行為」。こっちはいわゆる"赤切符"が切られる。「反則行為」よりも悪質で罰則も重い。

 では、オービスはなぜ超過速度30キロ以上の「非反則行為」だけを取り締まってきたのか。