>  > 【犯行告白動画?】自爆テロか!? 宇都宮で焼死した元自衛官のSNSが発掘される【ブログ全文】

【犯行告白動画?】自爆テロか!? 宇都宮で焼死した元自衛官のSNSが発掘される【ブログ全文】

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自爆テロ!? 元自衛官の自爆死した動機を探る


 10月23日午前11時40分ごろ、栃木県宇都宮市川本丸町の宇都宮城址公園近くで爆発音がし「人が燃えている」との119通報があった。栃木県警によると焼死体で発見された男は、宇都宮市針ケ谷町の元自衛官・栗原敏勝容疑者(72)とされ、栗原容疑者の靴下には「命を絶って償います」と書いた遺書が挟まれていた。


【公園で爆発、元自衛官焼死 自殺か巻き添え3人負傷、宇都宮】
23日午前11時40分ごろ、宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園で爆発があり、男の焼死体が見つかった。ほかに公園内で巻き添えの2人が大けが、1人が軽傷を負ったが、いずれも意識はある。宇都宮中央署によると、遺体から遺書が見つかり、同署は自殺を図り何かを爆発させたとみて、殺人未遂容疑で調べている。(引用出典:47NEWSより)
1024kurihara_genba.png


 また栗原容疑者が自爆した10分ほど前には、宇都宮城址公園近くのコインパーキングで車が爆発し炎上。同県警によると、この炎上した車は栗原容疑者の名義であり、車が爆発した後、コインパーキングから宇都宮城址公園方面に向かう男の姿が目撃されており、この男が栗原容疑者であった可能性があるという。

そしてさらに当日午前11時15分ごろには、同市針ケ谷町にある栗原容疑者の自宅が燃えていると110番通報が入った。自宅は全焼し、35分頃に鎮火した。

 当日の宇都宮城址公園近では武者行列や和太鼓演奏などが行われる"宇都宮城址まつり"が開催中で、栗原容疑者自爆の際に近くにいた男性2人が爆発で飛び散ったとされる金属片で重症を負い、中学生男子も怪我をした模様。

 祭りのさなかの相次ぐ爆発音に、近所の人達は「テロではないか?」と思う人が多数いたとのこと。

 県警によると、自爆死した元自衛官・栗原敏勝容疑者(72)は、昭和38年に陸上自衛隊に入隊し平成11年に退官。最後は宇都宮市にある陸上自衛隊航空学校に勤務し、ヘリコプターの航空管制や気象教官を務めていたとされる。

 栗原容疑者の自宅近所に住む人によると「栗原容疑者が家族と共に引っ越してきたのは約20年前」で、「ただ5年ほど前から妻子らと別居していた」とのこと。他の人は「別居前には栗原容疑者の怒鳴る声が夜中に聞こえ、夫婦の口喧嘩も多かった」と証言する人もいた。

 なぜ、栗原容疑者が自殺したのか解明が待たれるが、その心の深淵を伺う一端に、彼の投稿していたとされるブログとYouTubeには、自爆死に至る動機と思われるものが綴られていた。

1024kurihara1.png