>  > 【山口組分裂全報道】「サインくださぁい事件」の真実 あの日、新神戸駅で何が起きたのか
祝!連載100回突破記念企画『菱のカーテンの向こう側・劇画版』

【山口組分裂全報道】「サインくださぁい事件」の真実 あの日、新神戸駅で何が起きたのか

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加





curtain_comic_01_01.jpg






 夏休みが明けて、初めてとなる定例会が例年通り5日に開催されたこの日。事件は神戸駅で起きた。

 定例会に出席するため新神戸駅に到着した六代目山口組 司忍組長の一行を、神戸山口組関係者約20人が駅構内で待ち構えていたのである。

 手には色紙と黒いペンを持ち、大声で「サインください」と詰め寄る男たち。幸いにも、警備にあたっていた警察官の制止により、それ以上事態がエスカレートすることはなかったのだが、残したインパクトは強烈なものとなった。

 警備にあたっていた警察官も、司組長に詰め寄るような暴力団員がまさか存在するとは一切、想像していなかったらしく、どの顔も驚愕の色を浮かべていたという。