>  > 謎だらけの24億円恐喝事件の真相を工藤明男のブログから解読する
話題のブログから

謎だらけの24億円恐喝事件の真相を工藤明男のブログから解読する

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近況報告や雑談のあいだにまぎれて、ときどき特大のスクープ記事が掲載されることで人気の『元関東連合幹部 工藤明男オフィシャルブログ』(リンク)。一部では『工藤砲』とも呼ばれるそのブログから、とっておきの特ダネを抜粋してお届けしていきます。第一回目は9月末にブログで盛り上がっていた、謎の"24億円恐喝事件"の話題にについて抜き出していきます。


被害総額は24億円 大型恐喝事件が発覚


kudouakio_blog_20161001_00.jpg

写真はイメージです


 謎の多いこの事件、発覚のきっかけは、工藤氏のこの呟きからだった。


ブログタイトル『ああムカつく!ムカつく!』
2016-09-25 23:59:34

ライジン観て気を紛らわせていたけど、ムカついて仕事に集中出来ない。

どでかい爆弾ネタでも投下してやろうかな。

ああ腹立つわ~。


 工藤氏が投下する「爆弾」とは何か、ブログ読者を中心にザワザワとした不穏な雰囲気が一気に広がった。2日後、さらに意味深な呟きが続いて──


ブログタイトル『Hくんちょっと話しが違うんじゃないの?』
2016-09-27 23:14:45

あったまきたから一晩考えよ。


 そして、(一晩ではなかったが)さらに3日後、ついに巨大な"爆弾"が投下された。それは、あまりに巨大すぎて、にわかには信じることのできない"爆弾"だった。


ブログタイトル『H原くんやっぱり話しが違うよね?』
2016-09-30 00:09:56

kudouakio_blog_20161001_01.jpg

工藤氏のブログより

ゴブリンが女性に対するDVやら淫行やらで逮捕された時に、その背景に企業恐喝があって過去にもそういう企業恐喝にH原君も絡んでいたことをブログで書いたら、人を介して「あいつ(ゴブリン)のことは自業自得だから何かいても良いけど、俺はもう3年も会っていないから関係ないから書かないでくれ」って言ってきたよね。

だから僕は「わかりましたー」って返して、H原君の記事は削除したし、それ以上何も書かなかった。

その後A君が金を騙されたかなんかで単純暴行で逮捕されたことも知っていたけど、それについてもH原君個人の問題だから触れないでおいたけど、今回の件は話しが変わってくるよね。

今になって「あれは(六本木クラブ襲撃事件の顛末)あいつ(見立)が悪い」って言いだしているのと同じだけど、あんたの気まぐれでどれだけの人の人生が狂ったか、全く責任感じてないよね。

まあいつもの自分の都合で話しをコロコロと変えるパターンと一緒だけど、今回はさすがに男としてなくないか?

わからないなら良いけど今回はさすがに見過ごせないね。


 どうやら、工藤氏と"H原君"とのあいだで結ばれていた"紳士協定"的な取り決めが一方的に破られてしまったことに、この3日ほど憤っていたようなのだ。そして、相手方の顔を立てて、これまで黙っていたという事件の真相を工藤氏は暴露していく。それはどんなマスコミもつかんでいない驚愕の事件だった。


ブログタイトル『淫ゴブ今度は24億円恐喝だって。』
2016-09-30 01:09:12

kudouakio_blog_20161001_02.jpg

工藤氏のブログより

以下内訳
K田10億円
M瀬7億円
M川7億円

徹夜でゲラチェックして対談して会食したから今日はもう寝るけど、明日着金あるから朝起きてから詳細更新しますzzz


ブログタイトル『淫ゴブ「俺は嵌められた」』
2016-09-30 10:00:51

kudouakio_blog_20161001_03.jpg

工藤氏のブログより

まあ懲りずによくやるわ。

『六本木クラブ襲撃事件』以降、「自分は表社会でやるのでそっち(裏関係)の人とは表だって付き合えない」って言って、関東連合関係者や怒羅権とは付き合いをやめて、H原君とも専用の携帯電話でしか連絡を取らないようにして会わないようにしていた。

しかし、DVでパクられて表社会に出るのが難しくなったら今度はまた関東連合関係者や怒羅権と付き合ったり、H原君と飲みに出歩いたりし始めてわかりやすいわぁ。

しまいには「あの事件(DVやら淫行)はあいつら(まだ匿名)に嵌められた。裏も取れてる。」って得意のネガティブキャンペーンを吹聴しまくっていたけど、ハメたのはお前(ゴブリン)で、仮に被害者となった女性に警察への被害届を促した者たち(まだ匿名)がいても、暴力と性行為という既成事実が無ければ逮捕されません。

お前(ゴブリン)は高畑裕太か!?

「俺は嵌められた」って言ったところで、ゴブリンのDVも淫行も今さら周知の事実。

芸能界復帰、あ、間違えた。表社会に復帰するのは無理だよなぁ。


 どうも、「あの事件(DVやら淫行)」で警察沙汰になった人間が、DV被害者の女性に「警察への被害届を促した者たち」を脅し、24億円を払わせようとしている(もしくは、すでに払ってしまっている)というのである。それにしても24億円という大金を、誰が、誰から、どういった名目で脅し取ろうというのだろうか。そのヒントも工藤氏は少しずつ明らかにしていく。


ブログタイトル『ゴブリンとH原の利害関係』
2016-09-30 10:14:16

kudouakio_blog_20161001_04.jpg

工藤氏のブログより

「自分は表社会でやって行きたいから」って関東連合や怒羅権、H原君とも縁を切ると言いながら、その実、不良じゃないけど不良を恐れる一般人や若手経営者たちを脅しと暴力で食い物にしてきたんだから、世渡り上手っていうのかズルイよなぁ。

こういう奴を経済ヤクザって本来言うんだろうね。

散々、関東連合と怒羅権とH原君の威光で一般人やド堅気の若手経営者をイジメてきながら、『六本木クラブ襲撃事件』が起きたら巻き込まれるのをビビって「自分は真面目にやります」って言って内情は変わらず堅気イジメ。

見立君が海外逃亡して、僕が街にでなくなって、ゴブリンのやっていることを非難する人が誰もいなくなってやりたい放題だったみたいだ。

曲りなりにも三日間怒羅権に所属して、少年時代に不良だったことを自称して武勇伝を語るぐらいだったら、後輩や一般人や若手の社長さん連中にオンナを充てがわせちゃだめだよ。

不良は下から金は上納させてもオンナを充てがわせるなんてみっともないことはしない。

僕もゴブリンと親しくしていた時は散々「オンナを紹介してくれ。」とか「いいオンナを紹介してくれないお前は気持ちがない。」なんて言われたけど、この見た目だから女性を紹介しても女性が震えあがっちゃってその場を取り繕うのが大変なんだ。

どうにかゴブリンが金にもの言わせて親しくなっても、女性に暴力は振るうし、家に軟禁もするし、挙句の果ては逃げだした女性に探偵とかつけてさらおうとするからそれを必死に止めると、「オンナの味方をして薄情だ」とか「協力してくれないから気持ちがない」ってそこに友情を求めてくるから困るんだよね。

ゴブリンがパクられないために止めているのに、そんなの協力したらこっちまでパクられるわ。

オンナ充てがわせて金まで要求すりゃ、さすがにどんなに不良を恐れる一般人や若手の社長連中も嫌気がさすよな。

まあその辺の内情は不良社会の人たちには知られていないことだから、これを機に説明していこうかね。