>  > たけし軍団も参戦!『CPEキャットファイト夏祭り どきッ!女だらけのキャットファイト祭2016~はちゃめちゃお下品熱帯夜~』後半戦レポート

先日9月30日開催されたキャットファイト団体CPEの『CPEキャットファイト夏祭り どきッ!女だらけのキャットファイト祭2016~はちゃめちゃお下品熱帯夜~』。毎年夏の終わりに開催される大会であり、前半戦「スケスケ裸紙エプロンファイトで会場の熱気はMAX!『CPEキャットファイト夏祭り どきッ!女だらけのキャットファイト祭2016~はちゃめちゃお下品熱帯夜~』前半戦レポート」から例年通りのポロリやパックリが続出。会場がヒートアップしっぱなしだった大会の後半レポートをお届けする。


初代ミニスカポリスが禁断のバナナパフォーマンスを公開

 さて、後半戦はじめの第4試合は、ここ最近のCPEの定番となっている『バナナマッチ』がラインナップされた。出場者は、びりりあんみりんだ、福山理子、みでぃ、今西愛の4名。

 同時に闘い、フォールかギブアップを奪った者がバナナパフォーマンスを決行。エロいほどにポイントが加算されて一番最初に20ポイントをゲットした者が優勝というルールだ。

 いずれにしても、エロいシーンが続出することは間違いナシで、初代ミニスカポリス福山の疑似フェラを見ることができるかもしれない。そんな期待が会場内を支配した。

 その機会は試合開始早々に訪れた。福山理子がバナナチャンスの権利を得て、バナナおじさんの股間のバナナを......。しかし、ジャッジをするバナナおじさんの好みではなかったのかポイントは伸びず。

cat0929-21.JPG

初代ミニスカポリス福山選手のバナナチャレンジに会場は息をのんだ

cat0929-23.JPG

厳しいジャッジに泣かされた福山選手


 その後もスレンダーなボディでファンを魅了する今西愛と福山理子の妖艶な絡み(ファイト)がありつつ、その隙をついて権利を得たのは、びりりあんみりんだ。

cat0929-22.JPG

ヒートアップした試合ではギリギリのシーンも


 彼女、実はニューハーフキャットファイターであり、バナナおじさんは知ってか知らずか、ツボを心得た彼女のテクニックで実に気持ち良さそうにバナナパフォーマンスを受けている。

 その結果、初代ミニスカポリス福山理子のポイントを上回り、場内が騒然に......。「(バナナおじさんは)そういう趣味なの?」という戸惑いの声が飛び交ったが、このような性癖が垣間見えることも、この試合形式の面白さかもしれない。

 その後も今西愛の背面騎乗位手コキ式バナナパフォーマンス。福山理子の足コキ式バナナパフォーマンスなど、まさにCPEのイベントだからこそ見ることができる。言い換えれば、ここでしか見ることができない興奮モノのシーンが続出。それでも、誰もが20ポイントに届かずに、悶々とした時間だけが流れた。

 この流れを打ち破ったのは、それまでなりを潜めていた、みでぃ。ここまでの流れで、個性的な他の3人に隠れる感じで印象を残せずにいた彼女が、なんとレフェリーを色気で買収。そのままバナナおじさんにも乳首舐めを交えたバナナパフォーマンスを見せて、一気に逆転勝利を収めた。

cat0929-24.JPG

拮抗する試合の空気を一変させた乳首舐め


 もちろん、会場は大爆笑となったが、納得がいかないのは福山&今西。そして、びりりあんだろう。バナナおじさんを足蹴にして鬱憤を晴らし、リングを後にした。