>  > 強姦致傷罪で絶体絶命の高畑裕太を「不起訴」に持ち込んだスーパー女性弁護士の正体

強姦致傷罪で絶体絶命の高畑裕太を「不起訴」に持ち込んだスーパー女性弁護士の正体

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高畑容疑者を地獄から連れ出した敏腕弁護士


事態は急転直下だった。強姦致傷容疑で逮捕、拘留されていた高畑容疑者が昨日9日釈放された。

前橋署を出た際に「皆様をお騒がせして大変申し訳ありませんでした」と頭を深々と下げ、仕事関係や周囲への謝罪は見られたが、被害者とされる女性へのコメントは見られず。車に乗る際には報道陣を威嚇するような目つきも見られたが。。。

その後「心身ともに変調をきたしている」と言う理由で、その足で埼玉県内の病院へ入院措置となった。

前橋地検は「不起訴の理由、示談の有無いずれもお答えしません」とした一方、裕太の弁護人は、示談成立の事実と、事件についての見解を説明する文書を発表した。

で詳細が気になるところだが、それは他の記事におまかせするとして、当記者としてはあの署を出たところで高畑裕太が挨拶した際、進行役のようにコメントを読み上げた横にいた推定弁護士が気になる!

スクリーンショット 2016-09-10 6.07.19.png

この「強姦致傷罪」で起訴&実刑確実と大手マスコミで吹聴されていたこの事件を、示談から「不起訴」に持ち込んだスーパー弁護士への関心はネットでも高かったようで、すぐさま特定作業が始まり、意見書の名前から割り出されたのがこちら。