>  > 【速報】昨日(29日)開催された日本三大組織(稲川会/山口組/住吉会)緊急トップ会談という「衝撃」
シリーズ「山口組分裂の真相を追う」

【速報】昨日(29日)開催された日本三大組織(稲川会/山口組/住吉会)緊急トップ会談という「衝撃」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hishi_no_curtain_20160930_01.jpg

写真はイメージです


 9月29日午後、横浜の稲川会館で、五代目稲川会清田次郎会長、六代目山口組司忍組長、三代目住吉会関功会長の三名による食事会が行われたというニュースが関係者を驚かせた。

「三大組織のトップがそろうなんて、めったにありませんよ。週刊アサヒ芸能、週刊実話、週刊大衆の三誌などは者がそろった席での撮影を許可されたようで、発売が楽しみですね。側近の方は別室にいたようです」と関係者は興奮気味に話す。

「実は『シルバーウィーク明けに三者会談が行われる』という噂は以前からあったんですが、みんな半信半疑で。29日の午前中にはインターネットでも情報が出ていましたが、超・極秘で進められていたようです。会の趣旨としては、この厳しい時代に縁戚関係を結び、絆を深めていこうということのようです」

 たしかに六代目山口組、神戸山口組の幹部の逮捕が相次ぎ、住吉会はトップに対する使用者責任訴訟が起こされるなど、ヤクザに対する追及が続いており、これまで以上の共存共栄を考える時期に来ているのかもしれない。

 また、同じ29日には東京地裁が極東会の松山眞一元会長らの使用者責任を認めて総額約2億円の支払いを命じたほか、福岡県の暴追センターが代理申し立てをした福岡市内の山口組事務所の使用差し止めの仮処分申請に対し、福岡地裁が使用禁止の仮処分決定を出した

「今までもヤクザが生きやすかった時代なんてありませんでしたが、今は本当にひどいですよね。この逆風の時代をどう生き抜くか、トップが真剣に考えるということなのでしょう。これからどうなるのか、目が離せませんね」(前出の関係者)

 今回の食事会を機に、どのような展開となるのか。注目していきたい。


(取材/文 R-ZONE編集部)

関連記事