>  > 乳がん手術した女性の胸を舐め自慰行為したとされる「変態医師」逮捕の警察に、病院が猛抗議の真相

乳がん手術した女性の胸を舐め自慰行為したとされる「変態医師」逮捕の警察に、病院が猛抗議の真相

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院が、警察に断固抗議という異例の事態


「警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する」

 東京都足立区の柳原病院が2016年8月25日付で出したこの声明。医療機関としては異例ともいえるような声明には、多くの反響が寄せられている。

 報道によるこの事件の概要は、次のとおりだ。

【柳原院側を訴えた女性患者は、5月10日に男性外科医によって右乳腺腫瘍の摘出手術を受けた。その後外科医は、病室での診察を装い、術後まだ全身麻酔で体の動かない女性の着衣を脱がせ、左胸をなめ、胸を見ながら自慰行為をするなどのわいせつな行為を行った。
 女性は会社の上司に相談し上司は110番通報。その後、女性が被害届を出したために警視庁千住署が調査。捜査の過程で、女性の体から外科医の唾液が検出されたと言われている。
 そして8月25日になって、外科医を準強制わいせつの疑いで逮捕した。警察の調べに対し、外科医は、「やっていません」と容疑を否認している。】

0905rokuhara_nyugan.png

 そして以下は、2016年8月25日15時45分 「医療法人財団健和会 柳原病院」の名前で出された抗議全文である。