>  >  > 元・関東連合幹部・工藤明男の時事評論「大物組長の放免祝の車列を警察がオール青信号で通したというウワサ」
工藤明男コラム

元・関東連合幹部・工藤明男の時事評論「大物組長の放免祝の車列を警察がオール青信号で通したというウワサ」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kudouakio_column_20160829_01.jpg

写真はイメージです


 今や時の人となっている、神戸山口組織田絆誠若頭代行。その腹心中の腹心と言われる、四代目山健組若頭補佐、三代目竹内組金澤成樹組長が先日の22日に釈放されました。六代目山口組傘下の組幹部を襲撃し、殺害する準備をしたとして、殺人予備の疑いで逮捕されたのですが、岐阜地検がこの日、処分保留の決定を下したことで釈放されたとのことです。

 知人の週刊誌記者が言うには、金澤組長と二代目邦心連合会の岡林篤志会長、そして組員の釈放にあたって山健組関係者が車両30台近くで迎えに行き、その足で山健組本部(兵庫県神戸市)に向かったのだそうです。

 昨今の社会情勢では、釈放にあたっての30台もの車両での出迎えは、少々目立ちすぎな気もしますが、様々な事情を考慮すると、別段、不思議なことではないのかもしれません。

 なにしろ山健組の若頭補佐です。それ以上の車両が駆けつけたとしても、おかしいことではありません。

 そして、放免されたその足で、自身の所属する本部事務所に向かうのは、そっちの業界の人たちにとって当たり前の習わしだと聞きます。

 そこで、まず出所の挨拶を済ませてから、散髪などにでかけるのが、そちらの社会での習わしなのだとか。

 ですから、ここまでなら、通常のいわゆる"放免"となんら変わりません。ただ、今回は異例ともいえる措置がとられたと話題になっているようです。

 先ほどの知人の週刊誌記者によれば、一行が山健組本部に向かう道中、走行中の道路の信号をすべて青にする措置が当局によってとられたというのです。

 聞いた話なので、ことの真相は分かりませんが、事実であれば異例中の異例の出来事でしょう。

 なにかと憶測を呼んだ今回の事件。釈放後まで前代未聞だった、とも言えるのではないでしょうか。




【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。