>  > 女性に性的暴行を加えて逮捕された高畑裕太容疑者を待ち受けるド悲惨な運命とは
元四次団体組長・張恭市がニュースを斬る

女性に性的暴行を加えて逮捕された高畑裕太容疑者を待ち受けるド悲惨な運命とは

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chow_20160824_01.jpg

高畑裕太オフィシャルブログ(現在は削除)


 女優の高畑淳子さんの息子で俳優の高畑裕太容疑者が、群馬県前橋市内にあるビジネスホテルの従業員の女性に性的暴行を加えケガをさせたとして逮捕されました。

 芸能界で、二世の不祥事って結構ありますけど、今回のはなかなかセンセーショナルな事件でしたね。

 第42代大統領 ビル・クリントンやタイガーウッズ、マイケル・ダグラスのようなセックス依存症なのでしょうか?

 ともあれ、彼女がいたのにも関わらず、衝動的に女性を襲ってしまったというのは、尋常な人のやる行動ではありません。

 そんなにヤリたかったのなら、電話一本で来てくれる天使のような女性達がいるのに(笑)。

 何年後になるかわかりませんが、晴れて自由の身になったら専門医に診てもらうことをお薦めします。

 今回の事件は、専門家の予想では「検察からの求刑が10年、判決が7年ぐらいではないか」ということです。

 ただの強姦罪だけだったら初犯でもあるし、もっと軽めの量刑もありえたのかもしれませんが、相手方の女性が怪我をしたことを鑑みてより重い罪名で逮捕となったようです。

 一般的に、求刑3年以上、しかも罪名にがつく犯罪には、なかなか執行猶予はつかないと言われています。

 つまり、初犯からいきなり7~8年も刑務所に入ることになるわけですが、大抵の人はこの時点で泣きが入ります。

 しかも、塀の中では、女子供に対して暴力や強姦等をして来た者に対してのイジメが半端ありません。

 ちなみに私が収容されていた刑務所には、小学生を強姦して7年打たれて来ていた者がいたのですが、出所までのあいだ毎日欠かすことなく他の受刑者達から因縁をつけられ、挙げ句飛ばれて(=暴行を受けて)いました。

 塀の中では、女子供に対して暴力を加えて逮捕されてきた者達に、容赦ない天誅が毎日のように下されるのです。

 ましてや、出所してくる頃には30手前。これでは、悲惨な20代を塀の中で過ごすことになってしまいます。

 芸能人でもあり、犯した罪も強姦致傷という高畑容疑者の塀の中の生活は、決して平穏無事には終われないでしょう。

 これから、お母さん達が中心となって動き、被害者に対して被害弁済をして示談をとったり、情状を良くすることができれば、多少は判決内容も変わってくるでしょうが──大変ですね、バカな息子を持ったお母さんって




張 恭市
ちょう きょういち 元、某広域暴力団の三次団体幹部。四次団体組長。前科6犯。20代半ばから30代半ばの大半を、塀の中で過ごす。韓国人の父親、日本人の母親を持つハーフ。7年前に約20年所属していた組織から足を洗い、今は地元で数々の経営に携わり、東日本大震災後、復興支援のチャリティーイベント主催者、ボランティア活動、芸能界とのパイプを利用し、復興ライヴ興行等、幅広く活躍している。