>  >  > 元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「追い詰められる弘道会傘下組織と当局の狙い」
工藤明男コラム

元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「追い詰められる弘道会傘下組織と当局の狙い」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kudouakio_column_20160822_01.jpg

wikipedia東京高等裁判所より リンク


「組事務所に使用なら1日100万円」 高裁が支払い命じる
神奈川県厚木市の建物を山口組系暴力団の組員らが組事務所として使った場合、1日100万円の支払いを組員らに課すよう周辺住民9人が求めたのに対し、東京高裁(中西茂裁判長)は10日付で、住民の訴えを認める決定を出した。問題となったのは、同市妻田東2丁目にある建物。(中略)今年2月、2トントラックがこの建物に突っ込み、山口組と神戸山口組の分裂に関連した事件の疑いが浮上。住民らは先の仮処分決定が守られていないとして、金銭の支払いを課すことで心理的に圧迫し、義務を守らせる「間接強制」を求めた。(後略)
朝日新聞DIGITAL 2016年8月17日19時23分


 このニュースで取り上げられている"神奈川県厚木市"の"山口組系暴力団"とは、弘道会の吉田総業という組織なんだそうです。

 この吉田総業ですが、埼玉県で起きた発砲事件で、吉田組長以下、若頭や多くの組員が逮捕、起訴されたかと思うと、今度は静岡県で神戸山口組系列の関係車両に火をつけた件で実行犯が逮捕され、その後、同組の本部長まで、事件に関与した疑いが強まったとして再逮捕されたと聞きました。

 そこに、ダメ押すように今度は東京高裁が、"組事務所として使用した場合、一日に100万円を支払え"と言いだしたのですから、泣きっ面にハチとはまさにこのことを言うのではないでしょうか。

 現在、吉田組長は弘道会直参であると同時に、幹部の要職に就いているそうですが、その前には、高山清司六代目山口組若頭の率いる高山組で舎弟頭を務めていたのだとか。

 それだけに現在では高山組が吉田総業の留守を守り、組織運営にあたっているのではないか、と警察は見ているようで、「この吉田総業の件を突破口にして、高山組まで捜査を網を広げるつもりではないか」と話す捜査関係者もいるということです。




【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。