>  >  > 元・関東連合幹部・工藤明男の時事評論「ヤクザを仲間7人がかりで撲殺した男の正体は」
工藤明男コラム

元・関東連合幹部・工藤明男の時事評論「ヤクザを仲間7人がかりで撲殺した男の正体は」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kudouakio_column_20160823_01.jpg

暴行で暴力団組員死亡 傷害致死の疑いで右翼団体幹部の男ら逮捕 FNN news.com リンク


自称運転手ら7人を逮捕 佐倉の傷害致死事件
先月24日、佐倉市内の病院に男性が心肺停止の状態で搬送され死亡した傷害致死事件で、千葉県警捜査4課と佐倉署などの特別捜査班は18日、傷害致死の疑いで同市上志津、自称運転手、大月裕如容疑者(46)ら7人を逮捕したと発表した。(中略)栗田さんは事前に連絡を入れて大月容疑者と会った。2人の間で何らかのトラブルとなり、大月容疑者は連絡を受けてから仲間を集めて袋だたきにしたらしい。特捜班では10人以上が集まっていたとみて調べている。(後略)
千葉日報 2016年08月22日 リンク


 見るからに、ザ・ヤクザというルックスの大月容疑者。本人は、運転手という職業に就いていた、と言っているそうですが、そりゃあ"自称"をつけられても当然かと。

 別の報道では"右翼団体幹部"という肩書になっていたりするみたいですが、それこそ"自称"なんじゃないですか?

 だってヤクザでない人がですよ、ヤクザに自宅に乗り込まれ、仲間や部下に応援を呼んだりしますか? 普通なら「警察に通報」の一択ですよね。

 まあ、そこには目をつぶったとしても、決定的だったのは大月容疑者に呼ばれた"7人の知人"たちの行動です。ヤクザ者とわかっている相手を殺すまで傷めつけるなんて、カタギの人間には可能なことんでしょうか?

 逮捕後、大月容疑者は調べに対し、このように口にしているといいます。

「オレが殴り殺した」

 これまたカタギの自白ではないですよね。というよりも、こんな気性の激しい人が、よく今まで一般社会で生きてこられたものだ、と思えてなりません。

「殺す気はなかった......」ではないのですよ。

 まっとうな思考とは、程遠いと思わずにはおれないのですが、ヤクザのようでヤクザではない。こういう人たちが、法の目を掻き分けてヤクザまがいのことをやっている方が、ヤクザ稼業の人たちよりもよっぽどタチが悪いのではないでしょうか。




【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。