>  > 【緊急寄稿】障がい者施設で働く介護従事者が語る、"相模原やまゆり園殺傷事件"からみえる日本の闇

【緊急寄稿】障がい者施設で働く介護従事者が語る、"相模原やまゆり園殺傷事件"からみえる日本の闇

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の闇を明るみにした、相模原の障がい者施設襲撃事件の裏側をひも解く

 7月26日の未明、相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入居者19人を殺害し、26人に重軽傷を負わせるという凄惨な事件が起きた。

 加害者である犯人は、元施設職員の植松聖容疑者(26)。

 刺青を入れたり大麻や危険ドラッグを吸ったりと、決して品行方正ではない過去が明らかになっているが、反面、今の日本における障がい者施策を憂う言動もみられたという。ただ、彼の場合それが入居者への暴力、そして最悪の事態へと発展していったのだが...。

0729uematu1.jpeg

 報道を見ている限り、障がい者施設や介護施設のような社会福祉施設には動揺が広がり、今後の安全対策に対してどうしたら良いのか分からない...というような戸惑いの声が聞かれている。

しかし、実際に医療や介護の現場で働いている身としては「何をいまさら...」と思ってしまう。

 そもそも、国が定めている社会福祉施設の役割の一つとして、「地域に開かれている施設」であることが求められている。だからこそ、地域住民のボランティアを積極的に受け入れたり、自然災害時が発生した際の避難場所に名乗りでることによって、地域住民との交流を図ろうという施設や社会福祉法人が存在する訳だ。

「開かれた施設を目指し展開してきた」と言う某施設の責任者が「ハンマーでガラスを割れば誰でも入ってこれる。塀をめぐらして部外者が入ってこないようにした方が良いのか、今後内部で検討していきたい。」とインタビューに応じていたのを聞いたが、実際に夜勤をやった事がある者なら、夜間の安全対策について、安堵の下で仕事をしている事など一度もないはずだ。夜中は特に、いつでも誰でも簡単に施設内に入ってこれてしまう状況を心配しながら、一所懸命に汗水たらしてオムツを換え、歩きまわる入居者に付添い働いているのだ。

「入居者やそのご家族から『ありがとう』と言われれば吹っ飛んでしまうんです...。」
 
 介護の世界をキレイごとで片付けようとする人は、そんな大変さに対し、こう話す人の事例を挙げて"介護へのやりがい"をうたう。

 しかし、障がい者施設、特に今回のような重度の重複障がい者が入居する施設で実際に働いてみると、キレイごとでは済まされない世界を目にするのだ。