>  > 【この男、変態につき】ゴジラ展で、自らのモスラを孵化させてみたら女子にモテるか実験してみた。

【この男、変態につき】ゴジラ展で、自らのモスラを孵化させてみたら女子にモテるか実験してみた。

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月29日(金)に公開される映画「シン・ゴジラ」の公開と、ナンジャタウンの開園20周年を記念したイベントが開催中。期間中は「ゴジラ」シリーズでは初となるAR(拡張現実)技術を駆使した期間限定アトラクション「ゴジラアタック 出撃!G-FORCE」が登場。ヘッドマウントディスプレイとアームセンサーを装着して、AR空間で街に襲来したゴジラを仲間とともに撃退する大迫力のアトラクションとなっている。その他、モスラやキングギドラなど歴代怪獣をモチーフにしたスペシャルメニューや、イベント限定のグッズなども販売されている。

ARと聞いても何の略かさえ不明な、我が事案系レポーター・コウノはとりあえずパンツを履き替えて向かった。


すべての変態さんが解放される理想郷へ

♪モスラ〜やっ モスラ〜
ザ・ピーナッツが歌う映像が幻想的すぎて、コドモだったオレにとっては夜中に一人でトイレへ行けなくなるほどの「恐怖映像」だった......。
出現する幼虫のモスラも巨大なイモ虫のような体躯をしており、やはり、コドモにとってはおぞましく、はなはだ深いトラウマを刻み込んでくれた......。
オトナになったいまでもムシがニガテなのは、幼少期のトラウマが一因なのかもしれない。もしも、目の前に巨大イモ虫が出現したら、戦慄が体内を走りまわり、全身の毛が抜け落ちてしまうだろう......。

と、そんな、畏怖の念を抱かざるをえないモスラが"スイーツ"になっているという。なんでもかんでもコラボしてしまう風潮はいかがなものかとは思うが、女子がダイスキなスイーツであるならば捨て置くわけにもいかない......。ダイスキな女子の嗜好品をリサーチすべく、池袋へ行ってみようかと思う。
(編集部 スイーツと女子を結びつける思考を"おじさん型スイーツ脳"というみたいですよ)